インタビューなど

韓国ナショナルチーム合宿から見えたものとは

2012.06.14

20120614-04.jpg

 第50回世界選手権ドルトムント大会(団体戦)が終わった1カ月後、韓国のソウルで合宿を行っている韓国ナショナルチームを訪ねた。
 この合宿はロンドンオリンピックに向けた集中合宿の1つで、ドルトムント大会で見えた課題を分析し、技術面、精神面、体力面などを考えて練習内容が組まれていた。
 わずか1日だけの取材だったが、高い集中力と長時間に及ぶ練習から、韓国卓球の底力の秘密をうかがい知ることができたように思う。
 なお、韓国ナショナルチームの合宿の様子は卓球レポート7月号(6月20日発行)のカラー特集で詳しく紹介する。