インタビューなど

世界ジュニア番外編 ~カレー紀行2~

2012.12.16

 

スパイシーな香りとアビラーシュ君の強引な導きに覚悟を決めたY記者と私はその列に並びました。そして、紙の大皿の上に蒸したご飯とカレーを持ってもらうと
立ち尽くす私たちにアビラーシュ君が、「こうやって混ぜて、指をスプーンのようにして使うんだよ」と教えてくれます。(続く)

 

20121216-01.jpg

Food Loungeには私たち2人をのぞいて外国人はいません。みな無心にカレーを立って食べています。素手で。