インタビューなど

全日学選抜の取材に行ってきました!

2013.11.27

先日、全日本学生選抜卓球選手権大会の取材で東京・日野市市民の森ふれあいホールに行きました。
男子シングルスで優勝した有延大夢選手の気迫あふれるプレーを間近で見て、勝負にかける思いがプレーにも大きく影響すると改めて感じました。技術はさることながら、気持ちの強さも多くの選手から見習わなければと痛感しました。
女子シングルスでは先日取材した鈴木李茄選手が優勝。取材時にも見せてくれたバックハンドカウンターがこの大会でも炸裂しました。全日学での悔しい思いをこの大会に向けることができたのではないでしょうか。表彰式終了後には同じ専修大の劉莉莎選手、庄司有貴選手と共に撮影に応じてくれました。
私自身、2回目の大会取材でしたが撮影の仕方から、試合の見方までまだまだ勉強することは多いです。今回優勝した2人の1年生と同じく、卓球レポート編集部の1年生。卓球でも”基本”が大事ですが、大会の撮影や選手の取材などにおいても”基本”を大切にしながら頑張りたいと思います!(新人K)


 

20131127-01.jpg
20131127-03.jpg