インタビューなど

南米留学生がバタフライ卓球道場で合宿

2014.02.26

タマス阿佐谷本社のバタフライ卓球道場では毎年、南米から卓球留学生が合宿に訪れています。
今年は、ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、ウルグアイの4カ国から7名の選手と3名の指導者・スタッフが来日し2週間、道場に滞在しました。引率のマルコス・ヤマダさん(ブラジル)
はバタフライの南米代理店を務めるかたわら、各国の有望な選手たちを募って毎年、道場に来てくれています。アルゼンチンのコーチのエルザ・タカハシさんはなんと9度のアルゼンチンチャンピオンに輝いた名選手で、1969年の世界選手権ミュンヘン大会、1971年の名古屋大会に出場していて43年ぶりの来日とのこと。コーチも選手たちもラテン系の陽気さですぐに日本にも慣れ、打ち解けてくれました。

滞在中は道場での練習や文大杉並中や青山学院大などとも合同練習をして腕を研いたほか、平成23年度混合ダブルスチャンピオンの坂本夕佳の講習会も行いました。普段はリラックスムードの彼らですが、このときばかりは一流選手から学びたいという選手たちの真剣な表情が印象的でした。
指導者がいない環境で練習している選手が多いということで、2週間の間にも随分強くなったようです。及ばずながらタマス社員もお邪魔して練習や試合をさせていただき、交流を深めることができました。

2週間の日本滞在を終えた彼らは、今朝、中国に出発。さらに2週間修行の旅を続けて南米に帰るというハードスケジュール。間違いなくさらに強くなってくれることでしょう。世界の大会で会える日を楽しみにしています。アディオス!(編集S)