大会報道

全国中学 福井で開催 〜シングルスは丹羽と高橋が優勝〜

2008.08.25

<その他の国内大会>

 第39回全国中学校大会が、平成20年8月21〜24日 福井・敦賀市総合運動公園体育館で開催された。

男子は青森山田中が優勝 〜スター軍団がオール3-0の完勝〜

男子優勝 青森山田中

 決勝は青森山田中(青森)と明徳義塾中(高知)の対戦。王者・青森山田中は予選リーグからオール3−0の完勝で決勝進出。一方、明徳義塾中はこれまで1回戦で千城台南中(千葉)、準々決勝で郡山第二中(福島)、準決勝で上宮中(大阪)を破っての決勝進出。エース尾留川を中心にガッツ溢れるプレーで勝ち上がってきた。
 決勝は、青森山田中が1番に丹羽、2番に町を置く最強オーダーで一気に勝負をかけた。2人とも華麗な両ハンドをさく裂させ勝利すると3番ダブルスの池田・上岡がきっちり決めて勝負あり。青森山田中がブッチぎりの強さで4連覇を達成した。
 3位には尾久八幡中(東京)と上宮中(大阪)が入った。


丹羽がエースの活躍を見せた

上岡と池田のダブルスが締めた

女子は、四天王寺羽曳丘中が優勝 〜見事に5連覇達成〜

女子優勝 四天王寺羽曳丘中

 昨年までは絶対的な大エース石川佳純がいた四天王寺羽曳丘中(大阪)。今年はその抜けた分をみんなの力をあわせて補った。
 決勝の相手は春の選抜大会優勝の青森山田中(青森)。青森山田中は1年生の山本と宋恵佳を起用して準決勝で明豊中(大分)との大激戦を制しての決勝進出を果たした。
 決勝戦はお互い1歩譲らない接戦となった。1番と2番ともゲームオールまでもつれ、最後はここ一番の強さをみせて1番池田、2番高橋が勝利し四天王寺が2−0とリード。
 ダブルスは青森山田中が取り1点を返し2−1。4番は南と1年生の宋の対戦。こちらもゲームオールに縺れる大接戦を演じ、ここでも南が最後の1本を決めて決着。四天王寺羽曳丘中が見事5連覇を達成した。
 3位には就実中(岡山)明豊中(大分)が入った。


池田が先取点を挙げる

南が大接戦を制した


男子シングルスは丹羽孝希が初制覇 〜2年生での栄冠〜

男子優勝 丹羽孝希(青森山田中)

 男子シングルスを制したのは丹羽孝希(青森山田中)。
 本人も「攻める気持ちをもって戦いました。」と語るように今大会の丹羽は積極的な攻撃が目に付いた。
 決勝戦は町との同士討ち。序盤から丹羽が切れ味するどい両ハンド攻撃をみせて町を圧倒。2ゲームを連取し優勝に王手をかける。3ゲーム目は町が粘り強いプレーで取り返すも4ゲームは丹羽のカウンターがさく裂し一気に勝負を決めた。

 2位の町(青森山田中)は、準々決勝では共田(千城台南中)と大激戦を演じ最後はラリーを制した。決勝では出鼻をくじかれ巻き返すも遅かった。
 3位には関東チャンピオンの平野(横浜隼人中)と中国チャンピオンの松浦(武田中)が入った。また厚谷(北海道・北栄中)が3回戦で吉田(青森山田中)を破る大金星をあげてベスト8入りした。


たたみかける両ハンドで2年生V

カデット王者の町が2位に


女子シングルスは高橋真梨子が初優勝 〜涙の2冠達成〜

女子優勝 高橋真梨子(四天王寺羽曳丘中)

 女子シングルスを制したのは高橋真梨子(四天王寺羽曳丘中)。
 昨年準優勝の第1シード小道野(横浜隼人中)が緒戦となる2回戦で敗れる波乱でスタート。混戦模様の女子シングルスで決勝に駒を進めたのは高橋と富田(就実中)。
 高橋は4回戦の宋、準々決勝の市川(名経大高蔵中)との試合をゲームオールの接戦を勝利。一方の富田は準々決勝で原山との同士討ちを制し、準決勝では佐藤(愛知・神の倉)のカットを打ち抜いての進出。
 決勝は高橋が主導権を奪いストレートで勝利し団体とあわせて2冠に輝いた。接戦をものにする冷静なプレーぶりが光った。
 3位にはカットの佐藤(神の倉中)、武智(青森山田中)が入った。


立ち上がりからペースをつかんで快勝

福井出身の富田が準優勝


今大会の模様は 10月号(9/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:小畑賢二、奥野和人(卓球レポート編集部)