大会報道

全国ホープス 東京で開催 〜城山ひのくにジュニアと美鷹クラブが優勝〜

2008.08.09

<その他の国内大会>

 8月6〜8日、東京体育館で第26回全国ホープス大会が行われた。全国から男女各64のチームが集い、真夏の太陽に負けないくらいの熱い戦いを繰り広げた。

男子は城山ひのくにジュニアが初優勝 〜松下雄二監督率いるチーム〜

城山ひのくにジュニア(熊本)が初優勝!

 男子の部を制したのは、元全日本代表の松下雄二監督率いる城山ひのくにジュニア(熊本)。
 「1つの試合が終わった後、次の試合までの過ごし方を気をつけました。試合後、観覧席で一息入れるのではなく、練習場でミーティングをして次の試合に備えました」と松下監督。チーム結成からわずか3年半にして全国の頂点に立った。


裏面打法を操る松下大星

気迫の戦いを見せた硴塚と宮崎

チーム結成3年半で快挙を成し遂げた


女子は美鷹クラブが初優勝 〜5年生と3年生1人で栄冠〜

美鷹クラブ(東京)が初優勝!

 女子優勝は美鷹クラブ(東京)。5年生2人、3年生1人と、6年生のいないメンバー構成だが、見事なチームワークでお互いにカバーし合い、優勝をもぎ取った。
 「150点の出来です。全員が殊勲者でした」と森薗監督。これまでの最高成績はベスト8だったが、うれしい初優勝となった


エースの中澤。伸びやかな攻撃を見せた

貴重なポイントを挙げた加藤と渋谷のダブルス

3人で喜びのピースサイン!


■男子結果
 優 勝  城山ひのくにジュニア(熊本)
 2 位  稗原クラブ(島根)
 3 位  桂葉輝ララ(宮城)
 3 位  杜卓球クラブ(東京)

■女子結果
 優 勝  美鷹クラブ(東京)
 2 位  石田卓球クラブ(福岡)
 3 位  大野JTC(岩手)
 3 位  南茅部卓球スポーツ少年団(北海道)

 詳しい記録は、日本卓球協会のHPをご覧下さい。
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 なお、今大会の模様は 10月号(9/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:川合綾子(卓球レポート編集部)