大会報道

関東学生リーグ(秋季) 明治大学と早稲田大学が優勝 〜水谷隼と福原愛が優秀選手賞〜

2008.09.16

<その他の国内大会>

平成20年度秋季関東学生リーグ戦1部が9月15日まで行われ、男子は明治大学、女子は早稲田大学が優勝した。

水谷、明治大の王座奪回に貢献

福原、早稲田大の連覇を牽引

 今回のリーグ戦は、北京オリンピックで日本のエースとしてチームを引っ張った水谷隼と福原愛が出場したことで、一層の注目を集めた。連日多くのファンやOB・OG、マスコミなどが詰めかけ、熱戦が繰り広げられた。

 男子は、春季優勝の早稲田大学と2位の明治大学が最終日に対決。トップで早稲田のキャプテン塩野が先勝するが、1−1の3番で水谷が笠原とのエース対決で圧倒して、明治に流れを引き寄せた。最後は水野が締めくくり、明治大学が早稲田大学を4−1で下した。これで明治大学は秋季リーグ4連覇を成し遂げた。

 女子は、春季優勝の早稲田大学と、王座奪還をめざす淑徳大学が全勝対決。1−1のダブルスで全日本優勝の福原・照井が登場。淑徳の小野・山梨に打ち勝って流れを引き寄せると、続く4番で福原が石垣のカットを打ち破ってリズムをつかんだ。最後はキャプテン対決で梶本が小野に快勝して、早稲田大学が4−2で淑徳大学を振り切った。これで早稲田大学は秋季リーグで初優勝を飾った。

 大会の詳しい結果は、関東学生卓球連盟のHPをご覧ください。
 関東学生卓球連盟 HP:http://kanto-sttf.jp