大会報道

ジュニアサーキット・ファイナル&カデットチャレンジ 丹羽、藤井、谷岡が優勝 〜谷岡は見事に三冠獲得〜

2008.11.04

<その他の国際大会>

ITTFジュニアサーキット・ファイナルとITTFカデットチャレンジが10月28日〜11月2日、スウェーデン・ヘルシンボリで行われ、個人戦でも日本勢が大活躍。見事に4種目で優勝を勝ち取った。

丹羽孝希、ジュニアサーキット・ファイナルを制す
※ITTF・HPから転載

 ジュニアサーキット・ファイナル男子決勝は、全中優勝の丹羽孝希(青森山田中)とアサール(エジプト)が対戦。丹羽は第1ステージに続いてアサールを4−1で退け、中学2年生でジュニアサーキット・ファイナルを制する快挙を成し遂げた。

丹羽孝希、ジュニアサーキット・ファイナルを制す
※写真提供:日本卓球協会

 女子決勝は、第1ステージを全勝で通過た日本の2選手、藤井(四天王寺高)と森薗(青森山田高)が対戦。藤井が4−2で森薗を下して優勝。

藤井優子と森薗美咲が1・2フィニッシュ
※写真提供:日本卓球協会


 カデットチャレンジの女子シングルス決勝に谷岡あゆか(エリートアカデミー)が登場。李清韻(香港)に4−1で快勝して見事に初優勝を飾った。なお、鈴木李茄(エリートアカデミー)が3位に入賞した。
 女子ダブルスでは、谷岡あゆか・鈴木李茄と佐藤優衣・前田美優が決勝を争い、3−1で谷岡・鈴木が優勝。谷岡は、団体、シングルス、ダブルスの3冠を制した。
 なお、男子はダブルスで有延大夢・大塚大寛が準優勝を果たした。

 大会の記録は国際卓球連盟と日本卓球協会のホームページをご覧ください。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp