大会報道

中国オープン 男子ダブルスで岸川・水谷が優勝 〜シングルスは馬龍と劉詩文が優勝〜

2009.06.08

<その他の国際大会>

 ITTFプロツアー2009の第8戦・中国オープンが6月3〜7日、中国の蘇州で開催され、男子ダブルスで岸川・水谷ペアが地元中国のペアを破り初優勝の快挙。男子シングルスは馬龍(中国)、女子シングルスは劉詩文(中国)が優勝した。


岸川・水谷はプロツアー初優勝
(写真提供:国際卓球連盟)

 世界卓球2009横浜の銅メダルペア、岸川・水谷(明治大・スヴェンソン)が男子ダブルスで見事初優勝を飾った。第1シードで出場した岸川・水谷は1回戦から馬琳・王励勤(中国)の強豪ペアをストレートで破ると、決勝では馬龍・陳杞(中国)に競り勝った許シン・張継科(中国)を4-2で退けメダリストの貫録を見せた。

 男子シングルスは決勝で王励勤をストレートで下した馬龍がプロツアー7度目の優勝。日本勢では水谷が3回戦、岸川、松平健太(青森山田高)が2回戦で敗退。予選リーグで世界ジュニアチャンピオンの陳建安(台湾)を下した丹羽(青森山田中)は1回戦敗退。
 女子シングルスは、準決勝で李暁霞(中国)を破って勝ち上がった劉詩文(中国)が郭躍(中国)を4-2で破り、プロツアー2度目の優勝。日本勢は平野(ミキハウス)、福原(ANA)が3回戦で姿を消した。
 女子ダブルスは世界卓球2009横浜の金メダリスト郭躍・李暁霞(中国)が李暁丹・劉詩文(中国)の後輩ペアを4-1で破り優勝。初のペアリングとなった福原・石川(ANA・ミキハウスJSC)は準々決勝で李暁丹・劉詩文(中国)に敗れている。

 また、21歳以下男子シングルスはドリンコール(イングランド)が江宏傑(台湾)を4-3で破り優勝。丹羽はキム・ナムチョル(朝鮮民主主義人民共和国)にストレートで敗れ準々決勝敗退。
 21歳以下女子シングルスは鄭怡静(台湾)を4-1で下したユ・メンユ(シンガポール)が優勝した。


 今大会の記録は、国際卓球連盟、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp