大会報道

ユニバーシアードで大矢と石垣が準優勝 〜団体は男女とも3位〜

2009.07.13

<その他の国際大会>

 第25回夏季ユニバーシアード競技大会・卓球競技が7月3〜10日、セルビアのベオグラードで開催され、男子シングルスで大矢(東京アート)、女子シングルスで石垣(淑徳大学)が準優勝を飾った。


 男子シングルス決勝で大矢は江宏傑(台湾)と対戦。0−3から3−3に追いつくが、7ゲーム目を8-11で落とし惜敗。準優勝に終わった。3回戦で許?(中国)を破る金星を挙げた松平賢二(青森大学)は江宏傑に敗れ準々決勝で敗退。水谷(明治大学・スヴェンソン)は2回戦で崔慶磊(中国)に敗れている。
 女子シングルス決勝で唐麗穎(中国)と対戦した石垣はストレートで敗れ準優勝。準決勝で石垣との同士打ち対決に敗れた照井(早稲田大学)は3位入賞を果たした。

 男子ダブルスは、ルベッソン・マッテネット(フランス)を4−2で破った崔慶磊・李洋(中国)が優勝。準決勝でフランスペアに敗れた大矢・横山(東京アート・協和発酵キリン)が3位入賞を果たした。
 女子ダブルスは劉娟・馬越斐(中国)対 蔡??・戴寧陽(中国)の同士打ち決勝を蔡??・戴寧陽が4−3で制し優勝。日本の照井・山梨(早稲田大学・淑徳大学) が3位入賞。
 混合ダブルスは江宏傑・黄怡樺(台湾)対 呉志祺・陸雲鳳(台湾)の同士打ち決勝を4−1で制した江宏傑・黄怡樺が優勝し、江宏傑は2冠を飾った。日本勢は松平・山梨(青森大学・淑徳大学)が3位入賞。

 男子団体は中国がフランスを圧倒し優勝。準決勝のフランス戦で2−0から手痛い逆転負けを喫した日本は3位。女子団体でも中国がロシアを3−0で制し優勝。日本は準決勝でロシアに敗れ3位に終わった。


 今大会の記録は、ユニバーシアード公式HP、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 ユニバーシアード 公式HP:http://www.universiade-belgrade2009.org/
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp