大会報道

全国ホープス 東京で開催 〜城山ひのくにジュニアと美鷹クラブが連覇〜

2009.08.07

<その他の国内大会>

 8月4〜6日、東京体育館で第27回全国ホープス大会が行われた。日本中から男女各64のチームが集い、全国の卓球少年・少女たちが熱戦を繰り広げた。

男子は城山ひのくにジュニアが初優勝 〜2連覇を達成〜

城山ひのくにジュニア(熊本)が2連覇!

 男子の部は、元全日本代表の松下雄二監督率いる城山ひのくにジュニア(熊本)が見事2連覇を飾った。全日本選手権大会ホープスの部でベスト8の硴塚をエースとして、ダイナミックなドライブを打つ宮崎と小柄ながらファイトあふれる粘り強いプレーを見せる井上、監督の3男である3年生の竜巳の4人で、予選をすべてストレートで通過。決勝トーナメント1回戦では強豪仙台ジュニアクラブを3-2で破ると、勢いに乗って決勝まで駒を進めた。
 決勝は昨年と同じ稗原クラブ(島根)との対戦。井上が第1試合を井上が卯木に1-3で落とすものの、硴塚がホープスベスト4の高取を0-2から逆転で下し1−1に。ダブルスでは城山ひのくにジュニアの井上・宮崎が0-2から粘り強いプレーで見事に逆転勝ち。連覇に王手をかけた。昨年のリベンジを果たしたい稗原クラブだったが、硴塚が卯木を落ち着いたプレーで3-1で破り、城山ひのくにジュニアがクラブ結成から4年半で見事2連覇を達成した。


エース硴塚が落ち着いたプレーで優勝を決めた

逆転で貴重な1勝をあげた井上(左)・宮崎のダブルス

高取は硴塚との打ち合いに逆転負け

卯木は攻守のバランスの良い硴塚を崩せず


女子は美鷹クラブが初優勝 〜昨年の優勝メンバーで連覇〜

美鷹クラブ(東京)が2連覇!

 女子は中澤、渋谷、加藤と昨年の優勝メンバーで臨んだ今大会で、予選から決勝までオール3-0という圧倒的な強さで美鷹クラブ(東京)が2連覇を達成した。
 決勝はヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)との対戦。1番シングルスは中澤対竹本。2ゲーム目のジュースを17-15という競り合いの末に取った竹本だが、勢いに乗れず1-3で敗れると、2番は全日本選手権大会カブ2位の加藤が津田を危なげない試合で下し、王手。ダブルスも美鷹クラブが1ゲームを落とすものの、王者の貫録で3-1とし、見事連覇を決めた。


スピードのある両ハンド攻撃をみせた中澤

カブ2位の加藤は単複で活躍

最後は加藤・渋谷(手前)のダブルスで決めた

カットと攻撃の変則ペア、竹本(左)・三島も美鷹クラブペアを崩せず


■男子結果
 優 勝  城山ひのくにジュニア(熊本)
 2 位  稗原クラブ(島根)
 3 位  益子卓球クラブ(栃木)
 3 位  卓伸クラブ(愛知)

■女子結果
 優 勝  美鷹クラブ(東京)
 2 位  ヒゴ鏡卓球クラブ(熊本)
 3 位  ピンテック(愛知)
 3 位  日産ジュニアクラブ(神奈川)

 詳しい記録は、日本卓球協会のHPをご覧下さい。
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp

 なお、今大会の模様は 10月号(9/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:小畑賢二、佐藤孝弘(卓球レポート編集部)