大会報道

中国オープン 王皓と劉詩文が優勝 〜21歳以下シングルスで大矢が優勝〜

2009.08.17

<その他の国際大会>

 ITTFプロツアー2009の第11戦・中国オープンが6月3〜7日、中国の天津で開催され、男子シングルスは王皓(中国)、女子シングルスは劉詩文(中国)が優勝。21歳以下男子シングルスでは大矢(東京アート)が優勝した。


 男子シングルスは決勝でハオ帥(中国)を4-3で下した王皓が昨年の中国オープン(長春)以来プロツアー11度目の優勝。日本勢ではインターハイを3冠で制した松平健太(青森山田高)が3回戦に進出するも王皓に敗れている。
 女子シングルス決勝は、劉詩文(中国)が 武揚(中国)を4-1で破り、プロツアー3度目の優勝。日本勢は福原(ANA)が馮天薇(シンガポール)に敗れ、3回戦で姿を消した。
 男子ダブルスはハオ帥・李平(中国)の若手ペアが馬琳・王励勤の王者ペアを4-2で破り優勝。中国若手ペア同士の対決となった女子決勝は丁寧・劉詩文(中国)が曹臻・李暁丹(中国)を4-2とし、優勝を飾った。日本勢ではモロッコ・オープンで優勝した福原・石川(ANA・ミキハウスJSC)が準々決勝に進出するも姜華君・帖雅娜(香港)の強豪ペアに4-1で敗れている。

 また、21歳以下男子シングルスは大矢が、マ・リャン(シンガポール)を4-1で下し優勝。松平賢二(青森大学)は李尚洙(韓国)に敗れ準々決勝で姿を消した。
 21歳以下女子シングルスはドデアン(ルーマニア)をストレートで下した鄭怡静(台湾)が優勝した。若宮(日本生命)は準々決勝でユ・メンユ(シンガポール)に敗れた。


 今大会の記録は、国際卓球連盟、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp