大会報道

全日本学生 横浜で開催 〜シングルスは水谷隼と照井萌美が優勝〜

2009.10.11

<その他の国内大会>

第76回全日本学生選手権大会が10月9〜11日、神奈川・横浜文化体育館で開催された。

男子シングルス 水谷隼(明治大)が初優勝


水谷隼が学生タイトル

 男子シングルスは全日本チャンピオンの水谷隼(明治大)が初V。決勝は第2シードの笠原(早稲田大)と対戦。水谷は笠原の連続ドライブにてこずって2−2とされるが、徐々に距離感をつかんでラリーを支配する。第5ゲームを圧倒すると、このままスパートをかけて勝負を決めた。
 水谷は準決勝で昨年まさかの苦杯を喫した濱川(近畿大)を完封して借りを返すなど、大会を通じて抜きん出た実力で他を圧倒。これで日本の主要なタイトルを一通りそろえた日本のエースは「世界ランキングをトップ10に持って行きたい」と語るなど、その目は世界の舞台に向いている。

 2位の笠原は、決勝では水谷の高い壁に及ばなかったが、高い攻撃力で関東学生王者の面目を保った。

水谷が中盤から圧倒した

笠原、敗れるも健闘光る

2年越しの栄冠をゲット

 3位は軽部(明治大)と濱川(近畿大)が入賞。
 軽部は持ち前のカウンタープレーで3年連続でベスト4入りを決めた。濱川は切れ味鋭い両ハンドで昨年のベスト8からワンランクアップした。

軽部は3年連続ベスト4

濱川が鋭い攻めで4強入り


女子シングルス 照井萌美(早稲田大)が初優勝


照井萌美が学生女王に

 女子シングルスは照井萌美(早稲田大)が初の栄冠を手にした。照井は準々決勝で足がけいれんするアクシデントに見舞われたが、ここから前陣を死守したプレーで進撃を続けた。準決勝は高校の先輩の山梨(淑徳大)との対戦となったが、気迫の攻めで切り抜けた。決勝は小野(淑徳大)とすさまじい打撃戦を展開。2−3とリードを奪われたが、第6ゲームからうまくストレートを使って小野の足を止めて一気に逆転。照井は早稲田大女子として初の学生女王となった。

 2位の小野は、藤井(近畿大)と石垣(淑徳大)という強豪を連破して決勝進出。中盤の攻めどころで押し切れなかったのが悔やまれる。

前陣を死守して攻め抜いた

小野も負けじと打ち込んだが・・・

最後は照井に女神が微笑んだ

 3位は山梨(淑徳大)と石垣(淑徳大)。
 第1シードの山梨は順当に準決勝に進んだが、照井のいつもと違う戦い方にとまどった。石垣は優勝候補筆頭の呼び声が高かったが、先輩小野の丁寧なカット打ちに沈んだ。

山梨は照井に惜敗

石垣、同士打ちで散る


男子ダブルス 森田侑樹・瀬山辰男(中央大)が優勝


森田・瀬山が大逆転で栄冠

 男子ダブルス決勝は、森田・瀬山(中央大)と軽部・池田(明治大)の対戦。森田・瀬山は第1シードの水谷・甲斐(明治大)を破り、軽部・池田は第2シードの足立・笠原(早稲田大)を下しており、両ペアとも勢いに乗って決勝進出。
 試合は両者譲らず激しいラリー戦が展開された。ラリーに持ち込んで揺さぶる中央大ペアが先行。しかし、前陣で小刻みに攻める明治大ペアが1−2と逆転し、第4ゲームも9-10とマッチポイントを握る。ここで攻め込んだ明治大ペアがフィッシュを打ち切れず、中央大ペアが息を吹き返す。このゲームを競り勝つと、最終ゲームは左右のコンビネーションで引き離しで見事に逆転勝利。実に24年ぶりに中央大に栄冠をもたらした。

 なお、3位は花村・厳(大正大)と松渕・根田(明治大)が入賞した。

中央大に24年ぶりの学生タイトルもたらす


女子ダブルス 照井萌美・中島未早希(早稲田大)が優勝


照井・中島が女子ダブルスを制す

 女子ダブルス決勝は、照井・中島と奥田・加藤の早稲田大の同士打ちとなった。ゲームは立ち上がりからエースダブルスの照井・中島が攻勢を仕掛けて主導権を握る。このまま一気に3ゲームを連取して、うれしい初優勝を手にした。敗れた奥田・加藤は日ごろの練習では分があったようたが、決勝という大舞台で丁寧に行きすぎた。
 早稲田大女子はこの優勝が初の全日本学生タイトルとなった。

 なお、3位は村山・加藤(大正大)と伊積・池田(東京富士大)が入賞した。

早稲田大女子の歴史に名を刻む栄光


今大会の模様は・・・ 〜卓球レポート12月号に掲載〜

 今大会の記録は関東学生卓球連盟のホームページに掲載されています。
 関東学生卓球連盟 公式HP:http://kanto-sttf.jp/

 なお、今大会の模様は 12月号(11/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:兼吉秀洋(卓球レポート編集部)