大会報道

全日本学生選抜 名古屋で開催 〜笠原弘光と石垣優香が優勝〜

2009.11.30

<その他の国内大会>

第6回全日本学生選抜選手権大会が平成21年11月28〜29日、愛知・枇杷島スポーツセンターで開催された。全日本学生選手権大会のランキング選手と外国人留学生による今大会。真の学生日本一を決めるにふさわしい好試合が展開された。

男子シングルス 笠原弘光(早稲田大)が初優勝


笠原が全国タイトルゲット

 男子シングルスは笠原(早稲田大)が優勝を果たした。
 予選2位で上がった笠原は、決勝トーナメント1回戦で軽部(明治大)をゲームオールで下し、準々決勝で明晨(日本大)、準決勝で御内との同士討ちを制し、決勝では予選リーグで敗れている胡彦广をストレートで下して優勝を果たした。両ハンドの安定感に加え、台上やコース取りの良さで試合を有利に進めた。
 2位の胡彦广は準々決勝で王子康(青森大)を破っての決勝進出。表ソフトでのバックハンド強打が冴えを見せた。

笠原が安定したプレーで快勝

胡彦广、笠原に連勝ならず

 3位は御内(早稲田大)。準々決勝で王?(愛子大)にゲームオールの接戦に勝利した。カットと攻撃のバランスが良く相手の攻撃を何度も返球していた。
4位の藤田は今大会のドリームボーイ。出場予定選手の辞退により繰り上がって出場し、見事ベスト4に入った。ラリー戦での安定感が良かった。準々決勝で安本(愛工大)にゲームオール9本で競り勝つ勝負強さを見せた。
 なお、全日本学生選手権大会優勝の水谷(明治大)は国際大会のため出場しなかった。

見事な攻守で3位の御内

藤田が大躍進の4位

早稲田勢がベスト4に3人はいる健闘


女子シングルス 石垣優香(淑徳大)が初優勝


石垣が日本勢初制覇

 女子シングルスは石垣(淑徳大)が今大会で日本選手として初めて優勝を果たした。
 決勝トーナメント1回戦で張鴻悦(朝日大)、準々決勝は関東学生チャンピオンの馬文?(日本大)、準決勝は劉?(東京富士大)、決勝は先輩の小野と強豪を連破しての見事な優勝。カットの切れや安定感に加えて攻撃の判断が良く、前・中陣でのフォアハンド強打が光った。「地元・名古屋での開催だったので優勝できてうれしい」と最高の笑顔を見せた。
 2位は小野(淑徳大)。決勝トーナメントに入り森永(愛工大)、中島(早稲田)、山梨(淑徳大)とすべて4−3の接戦を制しての決勝進出。裏面打法を巧に使い、表ソフトの小気味良い速攻が冴えた。

石垣、見事な攻守で栄冠

小野は全日学に続いて2位

 3位の劉?(東京富士大)は中国選手らしい安定した両ハンド攻撃を見せた。準々決勝で李セイ(日体大)と対戦。最終ゲームまでもつれた試合はスコアを巡るトラブルで後味の悪い勝利となった。
 4位は山梨(淑徳大)。小柄ながら体全体を使った強打で勝ち上がった。3位決定戦では3−1とリードしながらも劉?に逆転負けを喫した。
 なお、全日本学生選手権大会優勝の照井(早稲田大)は、全日本選手権大会(混合ダブルス)の予選と重なったため出場していない。 。

劉が安定したドライブで3位

山梨、惜しくも逆転されて4位に

淑徳大勢が3名入賞


今大会の模様は・・・ 〜卓球レポート1月号に掲載〜

 今大会の記録は日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 日本学生卓球連盟 公式HP:http://jsttf.takkyu.ne.jp

 なお、今大会の模様は 1月号(12/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:小畑賢二(卓球レポート編集部)