大会報道

障害者卓球 ブラジルオープンに出場 〜金銀銅を1個ずつ獲得〜

2009.12.04

<その他の国際大会>

日本肢体不自由者卓球協会の日本選手団は、11月26〜29日に開催されたブラジルオープン(ブラジル・ブラジリア)に出場した。

ブラジルオープンで活躍した日本勢

 今大会は日本選手団として今年最後の国際大会となった。個人戦は吉田が強豪選手を連破して銀メダルを獲得。団体戦は他国との混成チームで、岡が金メダル、別所が銅メダルを獲得した。

 情報を送ってくれた岡紀彦プロは、次のようにコメント。
「個人戦で結果は出せなかったものの、団体戦は実力世界ナンバー1のトミー(ノルウェー)と組んで最高の結果を得ることができました。また世界選手権大会は、アフリカ選手権大会の結果を受けて、、日本選手の出場可否が決定いたします。
 今年一年間は成績が安定せず苦しい時期が多くありましたが、常にサポート、叱咤激励いただいた皆様方に心より感謝申し上げます。」

情報提供:岡 紀彦(バタフライ・アドバイザリースタッフ)

  選手氏名 都道府県 クラス クラス別団体戦 クラス別個人戦 オープン個人戦

吉田信一 東京都 ベスト8/11 銀メダル/16 2回戦敗退/63
宇津木孝章 山梨県 ベスト8/19 2回戦敗退/63
岡紀彦 岡山県 ノルウェーと混成チーム金メダル/6 予選敗退/8 2回戦敗退/63

別所キミヱ 兵庫県 香港と混成チーム銅メダル/6 第 4位/11 2回戦敗退/30
石河惠美 神奈川県 ポーランドと混成チーム第 4位/5 第 4位/6 2回戦敗退/26
クラス説明:1〜5=車椅子選手、6〜10=立位選手、いずれも数字の小さい方が重度障害 オープン個人戦=クラス1〜5車椅子選手全員による個人戦 クラス6〜10立位選手全員による個人戦