大会報道

ヨーロッパ・トップ12がドイツで開催 〜ボルとリ・ジャオが優勝〜

2010.02.08

<その他の国際大会>

ヨーロッパ・トップ12が2月6〜7日にドイツ・デュッセルドルフで開催され、ヨーロッパのスターが集結。男子はボル(ドイツ)、女子はリ・ジャオ(オランダ)が優勝した。

ボルが2年連続5度目のトップ12優勝
※ITTF・HPから転載

 男子決勝は、去年と同じく地元ドイツのヒーロー・ボルとライバル・サムソノフ(ベラルーシ)の対決。ボルはダブルスパートナーのズュース(ドイツ)とクレアンガ(ギリシャ)を、サムソノフはプリモラッツ(クロアチア)と陳衛星(オーストリア)を退けての決勝進出。
 決勝は序盤から拮抗したゲーム展開となったが、最後はボルがサムソノフを振り切り4−2で勝利。見事2年連続5度目の優勝を飾った。

 女子決勝はリ・ジャオ(オランダ)とリ・チャン(ポーランド)となった。序盤はリ・ジャオが3−1でリードするもゲームオールに追いつかれる苦しい展開。最終ゲームでなんとか相手を振り切り見事3度目の優勝を飾った。

 今大会の詳しい情報は下記ホームページをご覧ください。
 ヨーロッパ卓球連合 公式HP:http://www.ettu.org
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com