大会報道

前期日本リーグ 所沢で開催 〜男子は東京アート、女子は日立化成が優勝〜

2010.06.21

<その他の国内大会>

 平成22年6月16〜20日、所沢市民体育館(埼玉)で平成22年度前期日本卓球リーグ所沢大会が開催された。男子は東京アート、女子は日立化成が優勝した。

男子:東京アートが3期連続優勝

東京アートがV14

 前期大会は1部と2部でリーグ戦が行われた。1部は8チームがしのぎを削った。
 優勝争いは東京アートと協和発酵キリンの2強に絞られ、両チームとも5戦全勝の第6戦で激突した。
 試合は東京アートのエース張一博が先取点を上げるが、協和発酵キリンが横山と木方・田勢の活躍で先に王手をかけた。しかし、東京アートが大ベテランの韓陽が坂本をシャットアウトして、ラスト勝負に持ち込んだ。
 5番は高木和卓vs田勢の青森山田同門対決。立ち上がりからスマッシュで攻める田勢と中陣から両ハンドで打ち返す高木和の展開となり、ゲームオールにもつれ込んだ。最終ゲームは田勢が先にマッチポイントを握るが、高木和がなんとかしのいで大逆転勝利を挙げた。
 この試合をものにした東京アートが最終戦でシチズンに競り勝って、7戦全勝で3期連続14回目の優勝を手にした。東京アートは韓陽と大矢がなかなか乗り切れず苦しい展開が続いたが、最高殊勲選手賞に選ばれた張一博と、ラストで3勝した高木和卓がチームの窮地を救った。


張一博が最高殊勲選手賞

高木和卓がラストで3勝

新守護神が気迫で決めた


 2位は協和発酵キリン。木方・田勢のダブルスを中心に健闘したが、わずかに東京アートの壁を乗り越えられなかった。
 3位は明治大学。全日本王者の水谷隼が出場して会場を沸かせた、初の1部登場で一気に3位と躍進した。
 4位はシチズン。最終戦で東京アートを2−0と追い詰めたが、あと1点が取れなかった。


協和発酵キリンはあと1点が・・・

明治大学は水谷の活躍で3位

シチズンが4位に食い込んだ


女子:日立化成が初優勝

日立化成が悲願の初優勝

 女子は3期連続優勝を目指すサンリツのメンバーに変動があり、混戦が予想された。
 そのサンリツが中盤で脱落。優勝の行方は王座奪還を目指す日本生命と初のリーグ制覇を狙う日立化成の全勝対決に委ねられた。
 試合は、日本生命が李佳と藤井・若宮のダブルスが完勝して2−1と王手をかけた。しかし、後半に帰化選手の福平と新加入の劉テイを並べた日立化成が怒涛の挽回劇を見せ、見事に初の栄冠を勝ち取った。
 日立化成は今大会でこれまでチームを引っ張った王輝が引退。その王輝への花道を、とチームが一丸となった。


藤沼は終盤に調子を上げた

福平が単複に大車輪の活躍

最後は劉テイが締めた


 2位は日本生命。3期ぶりの王座返り咲きを目指したが、シングルスであと1点の壁が破れなかった。
 3位は中国電力。今大会も福岡と越崎の2枚看板を中心に健闘した。
 4位は十六銀行。最終戦で中国電力に2−3で押し切られ、悔しい4位となった。


日本生命は日立化成を追い込んだが・・・

中国電力が3位に食い込んだ

十六銀行は惜しくも4位に


今大会の模様は・・・ 〜卓球レポート8月号に掲載〜

 今大会の記録は、日本卓球リーグ実業団連盟のホームページに掲載されています。
 日本卓球リーグ実業団連盟 公式HP:http://www.jttl.gr.jp

 なお、今大会の模様は 8月号(7/20発売予定)に掲載予定。