大会報道

2011ロッテルダム大会前日:5月7日

2011.05.07

<世界卓球選手権大会>

世界卓球2011ロッテルダム、明日開幕! 〜強豪が会場に登場〜

世界卓球2011ロッテルダム、開幕迫る!

 卓球世界一を決める世界卓球2011ロッテルダム(第51回世界卓球選手権ロッテルダム大会[個人戦])がいよいよ明日5月8日日に開幕する。
 午後7時30分からオープニング・セレモニーが開催された。今回は、初めての試みとして男女シングルスのベスト16シードの組み合わせ抽選(ドロー)が行われた。静寂な雰囲気の中、プレゼンターがナンバーの入ったボールを引き、続々と好カードが決定していった。


シャララ会長が開会の挨拶

プレゼンターがシード選手を抽選

注目のカードが続々決定

 前回の2009年横浜大会で男子ダブルス銅メダルを獲得した日本。今大会は悲願の金メダルを目指して世界に挑む。
 男女とも、お昼にメインフロアとサブフロアで練習を行い、明日からの本番に向けて汗を流した。
 世界ランキングを7位に上げた水谷隼は、センターコートの弾み具合を確かめながら丁寧に調整を行った。
 そのほか、オリンピック出場権争いが注目される松平健太と岸川聖也、ジュニアオリンピック王者の丹羽孝希らがみっちり練習して明日に備えた。


水谷、目指すは金のみ

松平健太はシャープな動き

丹羽が再び世界に挑戦

 前回横浜で苦汁をなめた福原愛は終始厳しい表情でコートに向かった。巻き返しに期する気迫がみなぎっているようだ。
 ハイレベルなオリンピック出場権争いを繰り広げている石川佳純と平野早矢香が練習。ともに軽快なラリーを見せた。
 ドローの結果、福原と平野がベスト16で対戦する組み合わせとなった。順当に勝ち進めばどちらかがベスト8に進出することになる。また、石川は第4シードの丁寧(中国)のゾーンに入り、ベスト16で対戦する組み合わせとなった。


福原愛は厳しい表情

前回ベスト8の石川は平野と練習


 今日はメインフロア、サブフロア、プラクティスフロアの3会場が開放され、世界のトップチームが続々と会場に顔を見せた。  中国勢は世界チャンピオンの王皓、世界ランキング3位の張継科、オリンピックチャンピオンの馬琳をはじめ、豪華な顔ぶれで圧倒的な存在感を示した。


中国男子は豪華な顔ぶれ


シュラガー・アカデミーが日本卓球協会に義援金 〜2000ユーロを寄付〜

シュラガー・アカデミーから義援金

 シュラガー・アカデミー(オーストリア)から、東日本大震災への義援金として2000ユーロが寄付された。
 今回の義援金は、3月14日に行われたヨーロッパ・チャンピオンズリーグの準決勝、ニーダオーストリアvsボルシア・デュッセルドルフの試合の入場料から寄付として贈られた。
 シュラガーから義援金の小切手が日本卓球協会の木村興治副会長と前原正浩専務理事に手渡された。



バタフライ・パーティー開催 〜バタフライ・プレーヤー集結〜

恒例のバタフライ・パーティー

 世界卓球ですっかり恒例行事となったバタフライ・パーティーが、会場内のレストランで開催された。
 練習を終えた各国のバタフライ・プレーヤーたちが顔をそろえ、和やかなムードで盛り上がった。


シュラガーは子守りに奮闘

孔令輝はスタッフと和やかに

劉詩文はリラックスして食事

ボルはシュラガー親子と楽しく会話


今大会の模様は、卓球レポート7月号に掲載

大会会場のアホイ・ロッテルダムは巨大なホール

 大会の会場となっているアホイ・ロッテルダムは、巨大なコンベンション・センターだ。
 メインホール以外にも、メーカーブースや自由に卓球ができるスペースが設置されている。

 今大会の模様は 7月号(6/20発売予定)に掲載予定。