大会報道

全日本学生 新潟で開催 〜シングルスは神巧也と松澤茉里奈が優勝〜

2011.10.31

<その他の国内大会>

第78回全日本大学総合選手権大会(個人の部)が10月27〜30日、新潟・新潟市東総合スポーツセンターで開催された。

男子シングルス 神巧也(明治大)が初優勝


神巧也が学生日本一に

 男子シングルスは、1年生の神(明治大)がセンセーショナルな初優勝を飾った。
 神は青森山田中、高とエリートチームに所属していたが、個人戦での全国タイトルはなく、昨年のインターハイでは男子シングルスでランキング落ちしていた。しかし、努力家で練習熱心な神は、明治大学入学後から頭角をあらわし、関東学生リーグ、インカレと明治大の優勝に貢献。そして迎えた今大会で、爆発的な力を発揮して準々決勝で上田(青森大)、準決勝で御内(早稲田大)、決勝で笠原(早稲田大)を破り、念願の全国タイトルを手にした。
 今大会の神は、持ち前のラリー戦の強さに加えて、課題だった台上技術に進歩が見られるなど、一回りも二回りも強くなっていた。ファイティングスピリットあふれるプレーも健在で、堂々たるプレーで優勝を飾った。
 2位の笠原は、苦しみながらも決勝まで勝ち上がり2連覇を目指したが、神の勢いに押され、終始受け身になってしまった。

神が爆発的な力で初タイトル

笠原は受け身に回って連覇逃す

 3位の濱川(近畿大)は、3年連続でベスト4入りと同大会で抜群の成績を残した。今大会こそ優勝を狙っていたが、準決勝で笠原にうまく攻められて敗れた。
 もう1人の3位にはカットの御内が入った。序盤から苦しい試合が続いたが、最後まで諦めないプレーで最後の全日本学生で表彰台に立った。

濱川は3年連続ベスト4

4年生の御内が4強入り


女子シングルス 松澤茉里奈(淑徳大)が初優勝


松澤茉里奈が学生女王の座に

 女子シングルス決勝は、第1シードで4年生の石垣(淑徳大)と第3シードで2年生の松澤(淑徳大)の対決となり、松澤がハイレベルな戦いを制して初優勝を飾った。
 淑徳大学に入学してから力をつけ、メキメキと頭角を現していた松澤。そのため今回の優勝は順当と言えるが、決して楽な戦いではなかった。特に5回戦の大野(朝日大)との試合では、最終ゲームで9対10とマッチポイントを握られて、あわやという場面を迎えていたが、なんとか踏ん張って逆転勝ちすると、準決勝では中島(早稲田大)に4対3、決勝では石垣に4対2と、競り合う試合が多かった。しかし、それら接戦を強い精神力と戦術の切り替えのうまさで乗り切り、栄冠を手にすることができた。
 2位の石垣は最後の全日本学生でなんとしても優勝をと思っていたが、松澤との接戦に敗れた。しかし、積極的に攻撃をしかけ、それが得点に結びつくなど、レベルアップが感じられた。

松澤が精神力で頂点に立った

石垣はあと一歩及ばず・・・

 3位には中尾(早稲田大)と平野(東京富士大)がそれぞれ入った。
 中尾は丁寧なプレーと異質ラバーを生かした攻撃で勝ち上がり、平野は迫力のあるフォアドライブを武器に強豪を連破した。

中尾が変化プレーでベスト4入り

平野が力強いプレーで快進撃


男子ダブルス 平野友樹・神巧也(明治大)が初優勝


平野友樹・神巧也が同士打ちを制す

 男子ダブルスは1年生コンビの平野・神(明治大)が初優勝。
 「大学の公式戦では負けていないので自信はありました」というように、2人の特長であるラリー戦の強さをいかんなく発揮した。勝負となったのは準決勝の?田・横山(明治大)の先輩ペアとの試合。ゲームカウントを1対2とリードされていたが、そこから粘り勝った。
 なお、男子ダブルスでは明治大がベスト4に3ペア入る活躍を見せた。

明治大勢が5年ぶりのタイトル奪取


女子ダブルス 池田好美・平野容子(東京富士大)が初優勝


池田好美・平野容子が女子ダブルス制覇

 女子ダブルスは、池田・平野(東京富士大)が決勝で大逆転を見せて初優勝を飾った。
 決勝では根本・北岡(中央大)のカットペアに最終ゲーム8対10とリードを許していたが、そこから驚異的な粘りを見せてジュースに追いつき、最後は強気のプレーで得点を重ねて逆転勝ちした。池田の変化プレーと平野のフォアドライブはコンビネーションがよく、東京富士大は昨年の加能・原田に続いて同種目で2年連続で優勝を勝ち取った。
 2位には根本・北岡、3位には天野・原(専修大)と三浦・高志(愛知工業大)が入った。

東京富士大勢が女子ダブルス連覇


今大会の模様は・・・ 〜卓球レポート12月号に掲載〜

 今大会の記録は日本学生卓球連盟のホームページに掲載されています。
 日本学生卓球連盟 公式HP:http://jsttf.takkyu.ne.jp

 なお、今大会の模様は 12月号(11/20発売予定)に掲載予定。
 現地取材班:中川学(卓球レポート編集長)