大会報道

ヨーロッパ選手権大会 ティモ・ボルが2冠王 〜女子はリ・ジャオが優勝〜

2011.10.18

<その他の国際大会>

 ヨーロッパ選手権大会が10月8〜16日までポーランド・グダニスクで行われ、ティモ・ボル(ドイツ)が2冠王を獲得した。

ティモ・ボルがヨーロッパ2冠王

 男子団体決勝は前回優勝のドイツとスウェーデンが対戦。ボル、オフチャロフ、バウムがしっかりゲームを取り、ストレート勝ちでドイツが見事に5連覇を達成した。
 女子団体決勝は昨年と同様にオランダとルーマニアが対戦。リ・ジャオとリ・ジエの2枚看板が機能して、ドデアンとサマラという成長株を擁したルーマニアに対してストレート勝ちを収め4連覇。

 男子シングルス決勝は昨年と同様、ボルvsバウムのドイツ対決。ボルがバウムを圧倒し4−1で優勝。2冠を達成した。
 女子シングルス決勝は、リ・ジャオ(オランダ)がイバンカン(ドイツ)をゲームオールの末、相手を振り切って優勝。
 男子ダブルスは、フレイタス・ガシナ(ポルトガル・クロアチア)の国際ペアが優勝。女子ダブルスは、パスカウスキーネ・ファデーバ(リトアニア・ロシア)の国際ペアが2連覇を飾った。


昨年と同様ボルがバウムとの同士打ちを制す

チームとシングルスの2冠を達成

 今大会の記録は、国際卓球連盟、ヨーロッパ卓球連合のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 ヨーロッパ卓球連合 公式HP:http://www.ettu.org