大会報道

ワールドチームカップ 男女とも中国が優勝 〜日本女子が準優勝〜

2011.11.07

<その他の国際大会>

 ワールドチームカップが11月3〜6日までドイツ・マグデブルクで行われ、男女ともに中国が優勝した。

 男子決勝は昨年と同様、中国と韓国が対戦。試合は世界ランキング1位の馬龍、2位の王皓らを擁した中国が韓国を3−0で圧倒した。
 日本男子は準々決勝でブラジルに3−1で勝利を収めて4強入り。続く準決勝の韓国戦は丹羽孝希・松平健太のダブルスで一矢報いたが、シングルスで得点できずに1−3で敗れた。

 女子決勝は中国と日本が対戦した。トップで福原が世界ランキング2位の李暁霞と対戦したが、力及ばずストレート負けを喫した。2番は平野が世界ランキング3位の郭炎に粘りを見せ1−1としたが、ここから離されて1−3で敗れた。3番は石川・福原が世界卓球2011ロッテルダム優勝の郭躍・李暁霞の前にストレートで敗れ、中国が3−0で優勝。中国は圧倒的な力を見せ、準々決勝から全て3−0で優勝を飾った。

 今大会の記録は、国際卓球連盟、日本卓球協会のホームページに掲載されています。
 国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com
 日本卓球協会 公式HP:http://www.jtta.or.jp