大会報道

韓国対台湾。死闘の末に韓国が辛勝

2012.03.26

<世界卓球選手権大会>

20120325-11.jpg

20120325-12.jpg

 

  男子団体のグループCで韓国と台湾が激突。大方の予想に反して台湾が1、2番を取って韓国に大手をかける。
 3番で柳承敏が江宏傑に勝って韓国が1点返すと、迎えた4番は呉尚垠対荘智淵のエース対決。拮抗した内容とスコアで試合が進み、最後は呉尚垠がゲームオール14対12で勝ち、ラストにつないだ。
 5番は韓国が朱世で台湾が陳建安。この1年で体つきがよくなり、筋力がついてきた陳建安は、1番で呉尚垠を倒していたが、カット打ちは未知数。試合前は実力、経験でまさる朱世
が大きくリードしていると予想していた。
 しかし、陳建安はこれまでとは別人のような力強いドライブを放ち、2ゲームを連取した。流れは陳建安にあったが、そこは百戦錬磨の朱世
。ツッツキとカットをフォア側に集める戦術転換を見せて陳建安のスピードドライブを封じ、3、4ゲームを取り返した。5ゲーム目でも9対5とリードした朱世だったが、ここから陳建安が信じられないようなドライブを連打して5連続得点し、マッチポイントを握った。
 だが、この場面でも慌てない朱世
は3球目ドライブを決めてジュースに追いつくと、そのまま一気に試合を決めた。
 4番と5番がともにゲームオールジュースという激戦は、韓国が辛くも勝利。台湾にとっては悔やみきれない逆転負けとなったが、その健闘に拍手をおくりたい。