大会報道

ジャパンオープン3日目

2012.06.09

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

20120608-01.jpg

20120608-02a.jpg

20120608-03.jpg

 大会3日目の6月8日。この日は男女ダブルスで準々決勝までが行われ、日本勢では男子ダブルスで岸川・丹羽と塩野・村松、女子ダブルスで藤井・若宮が勝ち残り、ベスト4入りした。

 ロンドンオリンピックの団体戦で重要となるダブルス。岸川・丹羽のダブルスはロンドンを見据えて戦っている。1回戦でシンガポールの若手ペアを圧倒すると、準々決勝では第2シードのガオ・ニン/李虎(シンガポール)にも快勝。本格的に組んで数ヶ月の2人だが、コンビネーションはかなりよくなっている。明日は韓国の若手ペアと準決勝を行う。

 男女シングルスでは決勝トーナメントが始まり、これまで出場していなかった世界のトップ選手が続々と登場した。

 男子シングルスではいきなり波乱が起きた。第1シードのボル(ドイツ)が韓国の鄭栄植にフルゲームの末敗れたのだ。世界ランキング維持のためにドイツから1人だけ出場したボルだが、まさかの敗退に顔をしかめた。

 女子シングルスでは、第1シードの石川(日本)がリュウ・ジャに苦戦。第6ゲームでマッチポイントを握られ、第7ゲームでもマッチポイントを奪われたが、なんとな逆転した。第6ゲームでは11対10と石川がリードした場面で床のボールを蹴ったとして審判が石川にレッドカード。一時は11対11となったが、抗議の結果11対10に戻されるというシーンがあった。

 なお、男子シングルスでは水谷と丹羽、女子シングルスは石川と福原が勝ち残っている。

 

今大会の模様は卓球レポート8月号(7/20発売予定)に掲載予定。