大会報道

第81回インターハイ長野大会4日目:8月3日(1)

2012.08.03

<インターハイ>

20120803-01.jpg20120803-02.jpg20120803-04.jpg20120803-03.jpg

 大会4日目は学校対抗準決勝とダブルス4回戦~決勝、シングルス1回戦が行われた。

 

 女子学校対抗の準決勝は青森山田vs県岐阜商業、希望が丘vs愛み大瑞穂の2試合が行われた。

 先に決勝進出を決めたのは青森山田。第1試合で青森山田のエースの鈴木李茄が先制点を奪うと、第2試合では県岐阜商業のエース加藤千秋を留学生の邵盼盼が粘り強いラリーで勝ち切り、決勝進出にリーチ。ダブルスは県岐阜商業の加藤千秋・加藤杏華の姉妹ダブルスが鈴木・宋のエースダブルスを攻めの卓球で苦しめるが、鈴木・宋の多彩さが上回り接戦をものにし、強豪青森山田が3-0で県岐阜商業の挑戦を退ける形となった。

 

 ベスト4入りは初めての2校の対戦となった希望が丘vs愛み大瑞穂、決勝に駒を進めたのは希望が丘となった。1番で希望が丘の温馨がパワフルなドライブで田中を3-1で退け勢いに乗ると、続く弓取が左ペンドライブ型の板橋との一進一退の攻防をものにし、ゲームオール11-9で2-0とすると、3番は前田・弓取が田中・小室を前田の厳しいコース取りでチャンスをつくり3-1で勝利。

 

 決勝は明日(8/4)、昨年2位の青森山田と初の決勝進出となる希望が丘で争われる。

 


2012北信越かがやき総体 長野県実行委員会
 :http://nagano24soutai.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=98
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載。