大会報道

第81回インターハイ長野大会4日目:8月3日(2)

2012.08.03

<インターハイ>

20120803-06.jpg20120803-05.jpg20120803-08.jpg20120803-07.jpg

 大会4日目は学校対抗準決勝とダブルス4回戦~決勝、シングルス1回戦が行われた。

 

 男子学校対抗準決勝第1試合は青森山田対愛工大名電の強豪対決。1番は森薗と藤村のサウスポー対決。森薗は素早いフットワークとアグレッシブな攻撃で先手を取り藤村に試合をさせず完封。2番は吉田が貫録を感じさせる技と力の卓球で卯木を3-0と退け、決勝進出に王手をかけた。3番のダブルスは吉田・町と藤村・松下の対戦。台上、ラリーとも上回る青森山田ペアが愛工大名電の果敢な攻撃をかわし、きっちりと2つのジュースをものにして3-1とし、8連覇への歩みを一歩進めた。

 第2試合は昨年準優勝の野田学園と春の高校選抜で王者野田学園に1回戦で土を付けた希望が丘の因縁の対決。1番は有延対田添のエース対決。リベンジに臨む有延が打球点の早い攻撃卓球で先制するも、ミスが少なくラリーにも力を発揮した田添が安定したプレーでエース対決を3-1で制した。2番は平野と高田の好勝負。両ハンドカウンターで攻める平野にラリーに強い高田。ゲームオールにもつれた勝負を決めたのは最後までミスを恐れずに攻めきった平野。1-1とゲームをタイに戻した。3番のダブルスは有延・吉村と田添・上村の対戦。リスクを恐れずに目の覚めるようなプレーをしばしば見せる野田学園ペアが流れをつかんで3-1とし決勝進出にリーチ。4番は吉村と上村の対決は、1ゲーム目のジュースを制した吉村が競り合いながらも3-1で、選抜のリベンジを果たした。

 明日の決勝は昨年と同じく青森山田と野田学園の対戦。青森山田の8連覇なるか、それとも野田学園が初優勝を飾るか、注目の一戦となる。

 


2012北信越かがやき総体 長野県実行委員会
 :http://nagano24soutai.sakura.ne.jp/htdocs/?page_id=98
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載。