大会報道

第43回全国中学校大会最終目:8月23日(2)

2012.08.23

<その他の国内大会>

20120823-01.jpg

20120823-02.jpg

20120823-03.jpg

20120823-04.jpg

20120823-05.jpg

 

 男子シングルスは大きな波乱もなく、第1シードの三部(青森山田)と第2シードの及川(青森山田)の同士打ち決勝となり、三部がライバル対決を制して初優勝を飾った。

 昨年も決勝まで勝ち進んだ三部は、準々決勝で吉田(青森山田)との同士打ち対決を制すると、準決勝では高取(野田学園)を打ち崩し決勝に進出。対する及川も準々決勝で羽佳(青森山田)、準決勝で高橋(青森山田)との同士打ち対決を連破し決勝に進出し、決勝の舞台ではもはやおなじみとも言えるライバル対決をゼンチュウでも実現した。

 三部と及川はともにオーソドックスな右シェークの攻撃型というお互いに似通ったプレースタイルで、好ラリーを見せたが、技の精度、コース取りの厳しさでわずかに上回る三部が終始リードを保ち優勢に展開。練習でも分がいいという三部が3−0とライバルを圧倒し、念願のゼンチュウ優勝を果たした。

 3位には4回戦で廣田(愛工大附属)、準々決勝で髙見(愛工大附属)と強敵を連破した高橋と、4回戦で木造(愛工大附属)、準々決勝で矢吹(桂川)を破った高取が入った。ベスト4のうち3選手、ベスト8のうち5選手が青森山田と、団体でも優勝を果たした青森山田がシングルスでも強さを印象づける結果となった。さあさささい最終日のせント

 

平成24年度 全国中学校体育大会 第43回全国中学校卓球大会:http://sports.geocities.jp/zenntyuu43/ 

 

今大会の報道は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載。