大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会初日② ジュニア男子1回戦

2013.01.15

<全日本卓球選手権大会>

 

20130115-04.jpg
 
 ジュニア男子1回戦で注目を集めたのは張智和(ざんともかず・仙台ジュニアクラブ・写真上)だ。張はバンビ2連覇に続いてカブも制覇したこの世代のホープ。小学校3年生での出場は今大会のみならず全日本史上最年少の出場だ。張の1回戦の相手は中学校2年生の松山(愛工大附属中)。
 思い切りのいい両ハンドはフルスイングすれば威力はあるが、さすがにパワーとスピードで劣る張には厳しい戦い。0-2から1ゲームを取り返したが、松山のコースを突いた攻撃に対応できずに初戦敗退となった。
 
 このほか、昨年度全中王者の坪井(青森山田高)、カデット14歳以下2位の木造(愛工大附属中)、全中ベスト4の高橋(青森山田中)、同じく全中ベスト4の高取(野田学園中)、カデット14歳の部優勝の龍崎(JOCエリートアカデミー)、昨年度ホープス優勝の出雲(遊学館ジュニア)らが順当に勝ち上がった。
 
なお、本日行われなかった1回戦の試合は明日の9時30分から行われる。
 
大会2日目の明日は、ジュニア男女の1~3回戦、男女ダブルスの1回戦、女子シングルスの1回戦、混合ダブルスの1~3回戦が行われる。

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp

各種目の組み合わせ(PDFが開きます)

男子シングルス  女子シングルス
男子ダブルス  女子ダブルス
混合ダブルス
ジュニア男子    ジュニア女子

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。