大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会2日目⑤ 混合ダブルス3回戦ほか

2013.01.16

<全日本卓球選手権大会>

20130116-11.jpg20130116-10.jpg

 

 混合ダブルス3回戦はシード選手が順当に勝ち残った。吉村・石川ペアは3回戦終了後に記者会見を行い、吉村が「石川さんは女子の中でも両ハンドで鋭いボールが打てるし、台上もフェイントなど多彩なので、自分は気が楽です」と語ると石川は「吉村君はサービス・レシーブがよく、プレーを見て勉強になるので、自分のプラスになっている」とお互いへの信頼を語った。
 
 女子ダブルス1回戦には世界ろう選手権大会女子シングルスチャンピオンの上田萌(日立化成/写真下左)が登場。異質攻守型の中村薫子とのペアで接戦の末に青木・後藤(鶴岡東高・坂田光陵高)を破って2回戦進出を決めた。
 
 女子シングルス1回戦でも小学生2人が1回戦を突破。伊藤はバックハンド強打がさく裂し、1-3で小村(松徳学院中)を破り2回戦進出。平野は昨日のジュニア女子1回戦で全中2位の田口を破ったカット主戦型の朝田を完全攻略。試合後の記者会見で「家で練習して全日本に臨むのは最後かもしれないので、お母さんに恩返しするためにもいい成績を残したい」と語った。また、目標を聞かれると「(福原)愛ちゃんに当たるところまで行きたい」と意欲を見せた。

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。