大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会3日目⑦ ジュニア男子準々決勝

2013.01.17

<全日本卓球選手権大会>

20130117-19.jpg20130117-18.jpg

 
ジュニア男子準々決勝が行われた。
 村松(JOCエリートアカデミー/帝京)は及川を破って勢いに乗る平野(野田学園高)をストレートで下し第1シードの貫録を見せた。
 インターハイ2位の森薗(青森山田高)は5回戦で酒井を破った堀(明徳義塾高)と対戦。森薗は持ち前のフットワークを使った躍動感のあるプレーで堀を守勢に追い込みストレート勝ち。
 全中王者の三部(青森山田中)は苦しみながらも準決勝進出を決めた。台から距離をとる三部に対して定松(希望が丘高)は前陣で三部のドライブをカウンター。三部は定松のパワーに押され1-2とされるが、中学生とは思えない精度の高い両ハンドドライブで逆転勝ちを収めた。
 インターハイベスト8の田添(希望が丘高)は切れのある両ハンドドライブで主導権を握り躍進が期待されていた吉村(野田学園高)をストレートで圧倒した。
 
 明日の準々決勝の対戦カードは以下の通り。
村松雄斗(JOCエリートアカデミー/帝京) - 森薗政崇(青森山田高)
三部航平(青森山田中) - 田添健汰(希望が丘高)

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。