大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会4日目④ 女子シングルス5回戦

2013.01.18

<全日本卓球選手権大会>

20130118-05.jpg20130118-06.jpg

 
 波乱続きの女子シングルスの5回戦(ランク決定戦)が行われた。第1シードの福原(ANA)は女子シングルス5回戦で青森山田高校の後輩で学生チャンピオンの丹羽(淑徳大)と対戦。福原はラリーに強い丹羽に対して緩急を使った巧みな攻めで3ゲームを連取。第4ゲームは攻め急いだ福原がミスを連発するが、第5ゲームはサービスからの展開がよくリードを保ったまま4-1で勝負を決めた。
 「今大会で壱番プレッシャーが少ない選手」と自ら語るように、例年のような気負いは見られない。次は6回戦で山梨(十六銀行)との対戦が決まっている。
 
 石川(全農)は全日本学生2位の鳥居(神戸松蔭女子学院大)と対戦。1ゲームを失うが、あせらず落ち着いた試合運びを見せた石川が準々決勝に駒を進めた。
 決勝を2度経験しているがタイトルは未だ手にしていない藤井寛子(日本生命)も初優勝を狙う。
 このほか、4回戦でスーパーシードの前田を破ったカット主戦型の根本(中央大)が松本(ミキハウス)を4-2で破り6回戦で石川と対戦。同じくノーシードから勝ち上がっているのが狭間(十六銀行)。石垣を破った平(正智深谷高)に勝ってランク入りを果たした。
 
6回戦の対戦カードは以下の通り。
福原愛(ANA) - 山梨有理(十六銀行)
小野思保(日立化成) - 若宮三紗子(日本生命)
狭間のぞみ(十六銀行) - 岡本真由子(サンリツ)
藤井寛子(日本生命) - 加藤美優(JOCエリートアカデミー)
田代早紀(日本生命) - 福岡春菜(中国電力)
松澤茉里奈(淑徳大) - 森さくら(昇陽高)
藤井優子(日本生命) - 天野優(サンリツ)
根本理世(中央大) - 石川佳純(全農)

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。