大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会4日目⑫ 男子ダブルス5回戦ほか

2013.01.18

<全日本卓球選手権大会>

20130118-51.jpg20130118-50.jpg

 
 男子ダブルスの5回戦が行われベスト8が決まった。
 優勝候補筆頭の水谷・岸川(beacon.LAB・スヴェンソン)は森田・軽部(シチズン)を破った久住・後藤(専修大・尚志学園高)をストレートで退け準々決勝へ。
 大学生チャンピオンの吉村・森本(愛知工業大)は井上・藤本(近畿大)との大学生対決に敗れベスト16に終わった。
 松平・丹羽(早稲田大・青森山田高)は水野・大矢(東京アート)に2-0とリードされるが、アグレッシブな台上プレーで逆転。2度目の優勝を狙う。
 張・高木和(東京アート)と田勢・松平(協和発酵キリン)の実業団対決は両者とも気合いの入った熱戦となったが、東京アートペアが安定感の高いプレーで協和発酵キリンペアを3-2で下しベスト8入り。
 社会人チャンピオンの坂本・笠原(協和発酵キリン)は大島・山本(早稲田大)を相手にダブルス巧者ぶりを発揮してストレート勝ち。
 昨年、決勝まで勝ち上がった共田・加藤(愛知工業大)は時吉・安藤(TEAM GIFU・岐阜信用金庫)との接戦に敗れ準々決勝進出はならなかった。
 
明日行われる男子ダブルス準々決勝のカードは以下の通り。
水谷・岸川(beacon.LAB・スヴェンソン) - 井上・藤本(近畿大)
桑田・横山(明治大) - 松平・丹羽(早稲田大・青森山田高)
田中・久保田(シチズン) - 張・高木和(東京アート)
坂本・笠原(協和発酵キリン) - 時吉・安藤(TEAM GIFU・岐阜信用金庫)
 
 
また女子ダブルスは4回戦で平野・伊藤(ミキハウスJSC山梨・豊田町卓球スポーツ少年団)が田﨑・平(正智深谷高)を相手に、平野がチャンスをつくり、伊藤が決めるコンビネーションで3-1とし、ベスト16入りを決めた。

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。