大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会5日目③ 女子シングルス準々決勝

2013.01.19

<全日本卓球選手権大会>

20130119-03.jpg20130119-02.jpg20130119-04.jpg20130119-05.jpg

 

 女子シングルスの準々決勝が行われベスト4が決まった。

 福原は得意のバックハンドに緩急をつけて、小野のバック側を攻め主導権を握った。小野も裏面攻撃を生かし1ゲームを返すが、冷静にプレーした福原が4-1で準決勝に駒を進めた。
福原愛(ANA) 11-8、8-11、11-5、11-9、11-8 小野思保(サンリツ)
 
 藤井は両面表ソフトラバーの岡本の変化を見極めて、両ハンドで先手を取り完勝。初優勝に向けてまた一歩前進した。
藤井寛子(日本生命) 11-7、11-5、11-8、11-7 岡本真由子(サンリツ)
 
怪我で休養していた学生チャンピオンが復活。威力のあるバックハンドでチャンスをつくって、フラットなフォアハンドで決め、昨年ベスト4の田代を撃破した。
松澤茉里奈(淑徳大) 11-6、9-11、11-4、11-4、14-12 田代早紀(日本生命)
 
石川は四天王寺高校の先輩でジュニア時代からのライバルの藤井と対戦。ラリーで巧みなコース取りを見せた石川がストレートでベスト4入り。
石川佳純(全農) 11-10、11-4、11-9、11-3 藤井優子(日本生命)

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。