大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会5日目② 男子ダブルス準々決勝

2013.01.19

<全日本卓球選手権大会>

20130119-01.jpg

 

 5日目の競技は男子ダブルスは準々決勝が行われた。
 
 優勝候補筆頭の水谷・岸川(beacon.LAB・スヴェンソン)は井上・藤本(近畿大)を相手に驚くほどあっさり勝負を決めた。井上・藤本も森本・吉村(愛知工業大)を接戦の末に倒した技と実力のあるペアだが、チャンピオンペアの前にはチャンスがなかった。水谷・岸川はともに強打をノータッチで決め、攻め込まれたときも水谷が強打を待って前に出ながらカウンターするなどスーパープレーを見せた。
水谷・岸川(beacon.LAB・スヴェンソン) 11-4、11-9、11-7 井上・藤本(近畿大)
 
 優勝経験もある松平・丹羽(早稲田大・青森山田高)は、台上から多彩な攻めを見せて攻め続け、大きいラリーに持ち込ませずにパワーで勝る桑田・横山(明治大)を押し切った。
松平・丹羽(早稲田大・青森山田高) 11-13、12-10、11-9、11-9 桑田・横山(明治大)
 
 
 日本リーグでも活躍する張・高木和(東京アート)が持ち前の安定した攻守で、粘り強いプレーの田中・久保田(シチズン)に打ち勝った。
張・高木和(東京アート) 14-12、11-4、4-11、11-8 田中・久保田(シチズン)
 
 坂本・笠原(協和発酵キリン)が、競り合った場面でも落ち着いたプレーで時吉・安藤(TEAM GIFU・岐阜信用金庫)のミスを誘った。
坂本・笠原(協和発酵キリン) 11-8、12-14、11-6、12-10 時吉・安藤(TEAM GIFU・岐阜信用金庫)。
 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。