大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会5日目⑦ 男子ダブルス決勝

2013.01.19

<全日本卓球選手権大会>

20130119-19.jpg20130119-20.jpg20130119-21.jpg

 

 男子ダブルスの決勝は1昨年の全日本チャンピオン松平・丹羽(早稲田大・青森山田高)と今年度の全日本社会人チャンピオン坂本・笠原(協和発酵キリン)の対決となった。
 試合は序盤から松平・丹羽が攻め立てる展開で進んだ。ダブルスならではの丹羽のフルスイングの強打が場内を沸かせる。社会人ペアは先手を取れずに7-11で第1ゲームを落とす。
 第2ゲームは社会人ペアリードで進むが、「第1ゲームを取っていたので、落としてもいいと思った」という丹羽の思い切ったプレーで逆転。優勝に王手をかけた。
 第3ゲームも松平・丹羽の勢いは止まらない。丹羽がフォア側に飛びついてストレートにノータッチを決めれば、松平はバックハンドでバッククロスに3球目を決める。流れをとぎらせずにプレーした松平・丹羽が11-7とし2年ぶり2度目の優勝を決めた。
 
松平・丹羽(早稲田大・青森山田高) 11-7、13-11、11-7 坂本・笠原(協和発酵キリン)
 

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。