大会報道

平成24年度全日本卓球選手権大会最終日② 女子ダブルス準々決勝

2013.01.20

<全日本卓球選手権大会>

20130120-02.jpg20130120-01.jpg20130120-03.jpg

 

 社会人チャンピオンでもある藤井・若宮(日本生命)に高校生チャンピオンの鈴木・宋(青森山田高)が挑戦。カウンタープレーが得意な高校生ペアだが、藤井・若宮のボールのコースが厳しく得意のパターンで攻めることができず完封負け。
藤井・若宮(日本生命) 11-4、11-7、11-6 鈴木・宋(青森山田高)
 
 全日学2年連続2位のカットペアの根本・北岡が変化カットから甘いボールをすかさず攻撃してベスト4入りを果たした。
根本・北岡(中央大) 11-5、11-8、11-6 福岡・土井(中国電力)
 
 第1ゲーム、池田・平野が7-10から逆転して先取して勢いにのった東京富士大ペア。池田がチャンスをつくり、サウスポーの平野が決めるパターンで田代・藤井を撃破した。
池田・平野(東京富士大) 12-10、9-11、11-7、11-8 田代・藤井(日本生命)
 
 前陣で速い攻撃を見せる石塚・山梨に2ゲームを先行された小野・森薗は、第3ゲームから小野が両ハンドで思い切った攻撃を見せて3ゲームを連取しベスト4入り。
小野・森薗(日立化成) 7-11、8-11、11-9、11-7、11-4 石塚・山梨(十六銀行)
 
準決勝の顔合わせは以下の通り
藤井・若宮(日本生命) - 根本・北岡(中央大)
池田・平野(東京富士大) - 小野・森薗(日立化成)
 

 

今大会の詳しい情報・記録は日本卓球協会ホームページに掲載されています。

日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2012/

 

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。