大会報道

世界卓球2013パリ大会2日目③ 混合複1回戦、松平賢・若宮も初戦突破

2013.05.14

<世界卓球選手権大会>

 混合ダブルス1回戦、岸川・福原、吉村・石川に続いて登場したのは松平賢二・若宮の全日本混合ダブルス王者。若宮のチャンスメークに松平が答えて強打を決め、ストレート勝ちで初戦を突破。これで、日本は混合ダブルスにエントリーしている3ペアがともに2回戦進出を決めた。

 

20130512-31.jpg
松平・若宮は立ち上がりから攻め続けた

松平賢二・若宮 4、2、6、4 コーデュ・ハーリー(ニュージーランド)

第1ゲームは序盤から攻めた日本ペアが7-1と大きく引き離し優勢に。速いテンポで試合を進め相手につけいるすきを与えずに11-4と先制。第2ゲームはサウスポーの若宮がコースをついた攻撃でチャンスをつくりニュージーランドペアを11-2と圧倒。第3ゲームは若宮の両ハンド強打も決まり11-6と王手。第4ゲームも11-4と一気に4ゲームを連取し、格の違いを見せつけた。


■松平賢二・若宮ペアインタビュー
「出足がよかったので、うまく流れを持ってこられたと思います。明日の朝(朝鮮民主主義人民共和国ペアとの試合)が勝負、最初の関門だと思っていたので、そのためにも今日しっかりプレーしました。明日は自分たちのプレーをすることが大事だと思います。自分たちのプレーをやります」と松平賢二。

「試合前に、入っても入らなくても攻めていこうと2人で言っていました。それがうまくいって、全体的にいい流れでいけました。(目標は)最終的にはメダルを目指しますが、まずは明日の2回戦、1つひとつコンビネーションがよくなるようにやっていきたいと思います。(明日は)先手を取って流れをつかむことが大事だと思います」と若宮。


 
20130512-32.jpg
中国の3ペアも順当に2回戦へ

20130512-32.jpg
地元フランスペアも初戦を突破

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com