大会報道

世界卓球2013パリ大会3日目② 平野、安定のカット打ちで初戦突破

2013.05.15

<世界卓球選手権大会>

 女子シングルス1回戦が始まった。日本女子は全員が決勝トーナメントからの出場。トップバッターで登場した平野はカット主戦型のシマンスカ(ポーランド)をストレートで下した。日本勢はこの流れに乗りたい。

 

20130512-31.jpg
岸川・福原は攻守にメリハリをつけたプレーで2回戦突破

 
平野 5,8,6,8 シマンスカ(ポーランド)

混合ダブルスにエントリーしていない平野はこの女子シングルス1回戦が、今大会の1試合目。平野はカット主戦型のシマンスカと対戦。カット攻略には定評のある平野が安定感のカット打ちと強打でシマンスカを圧倒。ストレート勝ちで初戦を突破した。

■平野早矢香インタビュー
「ダブルスでは昨年のポーランドオープンで1度対戦し3−2で勝っていましたが、シングルスで対戦するのは初めてでした。実際に戦ってみて、何をしてくるのかわからないという感じでした。相手が何をしてくるかわからないので、自分の形も出せませんでしたが、勝つことが1番重要なので、しっかり対応していこうと思いました。やりにくかったです。それでも、相手のミスを誘うことができ、初戦としてはまあまあだったと思います。こちらは自分の位置取りを失わないこと、相手は自分の形を崩してでも対応してくるので、それに対してしっかりボールを入れていくことを考えました」



 
20130512-32.jpg第1シードの丁寧も順当に2回戦へ

 
20130512-32.jpg中国の秘密兵器、胡麗梅は丁寧と同じブロック


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com