大会報道

世界卓球2013パリ大会3日目③ 福原、まさかの初戦敗退

2013.05.15

<世界卓球選手権大会>

 平野に続いてテレビコートに登場した福原。相手は韓国の若手パク・ソンヘ。対戦経験はないものの福原の実力が発揮されれば問題のない相手だと思われていたが、福原が初戦敗退の辛酸をなめるという信じがたい結果となった。

 

20130512-31.jpg
福原はバックハンドで先手を取れず

 
20130512-31.jpg
パク・ソンヘは粘り強さを見せた

 
20130512-31.jpg
福原は自分のプレーができず

 
20130512-31.jpg
福原が初戦敗退という信じがたい結果に


福原 4、-6,-9,3,-8,-6 パク・ソンヘ(韓国)

第1ゲームはサービス・レシーブでもラリーでも福原の安定感が上回り実力の差を見せつける内容で11-4と先制。第2ゲームは福原が強気で攻めるもミスを重ねて0-7と厳しい流れ。このゲームを6-11で落としタイに。地力では勝る福原だが、得意のバック対バックから得点できずに焦ったか無理な攻撃ミスが目立つ。第3ゲームも9-11で落としリードを許す。福原は第4ゲームを取り返し2-2とするが、自分のプレーはできていない様子。福原は勝負の第5ゲームを攻めきれずにパク・ソンへが王手。最終ゲームは序盤からパク・ソンヘが大きくリード。10-6とマッチポイントを握ったパク・ソンヘのボールを福原がネットミス。世界卓球11年目の挑戦は福原にとってとても大きな試練となった。

■福原愛インタビュー
「1度も対戦したことのない選手でした。あまり国際大会に出てこない選手なので、準備ができず、準備不足でした。1ゲーム目はいい感じでしたが、2ゲームから相手が戦術を変えてきて、こちらも対応したのですが、2−2になった後、思い切って攻めていくことができませんでした。プレッシャーが大きすぎて、そのプレッシャーに打ち勝つことができませんでした。自分の責任です。勝ちたい気持ちが強くて、急いでしまって、冷静にできていませんでした。ダブルスは気持ちを切り替えてがんばります」



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com