大会報道

世界卓球2013パリ大会3日目⑤ 男子トップバッター丹羽が快勝

2013.05.15

<世界卓球選手権大会>

 男子シングルス1回戦、日本のトップバッターは全日本チャンピオンの丹羽。丹羽は初戦とは思えない落ち着きと切れのある動きでインドのアンソニーを圧倒。日本男子の先陣を白星で飾った。また、張もブラジルの若手カルデラノを破り初戦を突破した。

 

20130512-31.jpg
丹羽はフットワークにも切れを見せた

 
丹羽 5,4,8,7 アンソニー(インド)

丹羽は初戦から切れのあるフットワークとスイングを見せインドのアンソニーに完勝。守備の固いアンソニーを足を使った攻撃で打ち抜いた。

■丹羽孝希インタビュー
「インドチャンピオンで、強い選手だと聞いていたので、集中していきました。相手はブロック主戦のタイプだったので、こちらは動いて打って、調子が上がりました。バックハンドを使わずに全部フォアハンドで動いて攻めました。初戦にしては楽ではない相手でしたが、4−0で勝ててよかったです。
明日の相手(ボボチカ)には去年のポーランドオープンで0−4で負けていて嫌なイメージがあります。そのときの敗因は準備不足で、出足で3ゲームを取られて、どうしようもない状態になってしまいました。今回は準備しているので、気を引き締めて挑みます。負けられないので、しっかり勝ちにいきます」



張 9,-6,11,5,-9,10 カルデラノ(ブラジル)

同じ時間帯に行われた張も1回戦を突破した。2回戦の対戦相手はロシアのスカチコフ。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com