大会報道

世界卓球2013パリ大会3日目⑧ 日本女子4選手が3回戦へ

2013.05.16

<世界卓球選手権大会>

女子シングルスの2回戦が行われ、日本女子は石川、平野、藤井、松平の4選手が3回戦進出を決めた。森薗はシンガポールの馮天薇に善戦するも一歩及ばず2回戦敗退に終わった。

 

20130512-31.jpg
平野は気迫のこもったプレー
 
20130512-31.jpg松平はユ・メンユを破る金星
 
20130512-31.jpg藤井は順当に3回戦進出

20130512-31.jpg石川は落ち着いて攻めきった

20130512-31.jpg森薗は馮天薇に善戦


平野 12,6,8,6 マダラズ(ハンガリー)
松平 8,10,8,9 ユ・メンユ(シンガポール)
藤井 8,7,9,-7,-6,2 林佳慧(台湾) 
石川 -7,7,-6,9,7,6 シュトルビコバ(チェコ)
森薗 -8,4,6,-8,-8,-8 馮天薇(シンガポール)

■平野早矢香インタビュー
「対戦したことがない選手でした。こういう大きな大会での若い選手の勢いは怖いので、ゲームオールのジュースになるという気持ちで、引き締めて臨みました。1ゲーム目を取れたことが大きかったと思います。あれを落としていたら、もつれていたと思います。
(次は李暁霞だが)最近は自分は対戦していませんが、過去に対戦した中でのいい形を出していきたいと思います。何も失うものはないという気持ちでぶつかっていきます」

■村上監督&松平志穂インタビュー
「(松平志穂は)サービスがあるから可能性が高いと思っていましたが、4−0という結果には驚きました。サービスがいい、サービスにスピードがあるから、初めて対戦した相手は大変。サービスの得点力は世界ナンバーワンではないかと思います。武器(サービス)を持っているから、大物を倒す可能性がありますね」と村上恭和監督。

「びっくりです。勝ちたいと思っていましたが、競るだろうと思っていて、まさか4−0で勝てるとは思いませんでした。思い切りできて、相手はビビっていたと思います。いい試合ができました。1回戦と違ってアジア選手なので球質が似ていて、入りやすかったです。相手は世界ランキングが上なので、失うものはない、向かって行くだけと思って、思い切って行けました。
ユ・メンユ選手は下回転を打つのがうまくてパワーで押してきますが、それを処理できたら、精神面がよくない(もろい)ので、競ったときに思い切ってプレーした方がいいとアドバイスを受けました。試合前、健太兄ちゃんにゼッケンをつけてもらって、リラックスして臨むことができました」と松平志穂。

■森薗美咲インタビュー
「ああいう場面で勝ち切れないのが、今の実力だと思います。対戦前は、すごい強い選手というイメージで、期待と不安がありましたが、(実際に対戦して)これだけできたことは、ある意味で自信になりました。相手は、ボールの回転量がすごかったというのもありますし、こちらが2−1のリードで押している状況のときに戦術転換してくるなど、自分にできないことが相手にはできていると思いました」



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com