大会報道

世界卓球2013パリ大会4日目⑧ 男子単2回戦、松平健太が馬琳を破る!

2013.05.17

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス3回戦でようやく日本に朗報をお届けすることができる。世界卓球2009横浜でアリーナを震撼させた松平が馬琳に4年越しのリベンジを果たした。ラブオールから気迫のこもった松平の表情は勝利を予感させるに十分なものだった。

 

20130516-01.jpg松平のカウンターがノータッチエースの山を築いた

20130516-01.jpg同じ舞台でリベンジを果たした

20130516-01.jpg馬琳は絶好調の松平の前になす術なし


松平 5,7,4,-12,7 馬琳(中国)

序盤から打球点の早いカウンターで馬琳をバックサイドに寄せてフォア側を攻める戦術がはまりノータッチエースを連発。一方的と言っていい展開で第1ゲームを11-5で先取。続く第2ゲームも序盤から大きく引き離し流れは完全に健太。追い上げられても攻撃の手を緩めずに馬琳のドライブに対してカウンタードライブを連打。馬琳の高いロビングも正攻法で打ち抜く果敢なプレーも見せ、3ゲームを連取。しかしここで隙が生じたか、4ゲーム目はサービスミスなどが出て馬琳に先行される展開。終盤、挽回するも馬琳も簡単には譲ってくれない。第5ゲームにもつれ込んだが、勝負を長引かせたくない松平は序盤からスパート。終始攻め続けた松平が世界卓球の舞台で見事にリベンジを果たした。

■松平健太インタビュー
「(2009年横浜大会の)リベンジしたい気持ちが強くて、それがプレーに表れたと思います。(2009年は)カウントで勝っていて負けたので、今日はゲームをリードしましたが、自分に言い聞かせてプレーしました。思った以上に体も動きました。相手は回り込みフォアハンドがすごいので、それをどう封じるかを考えて、うまくはまりました。こういう大舞台で勝つことでお世話になった方々への恩返しになると思うので、そのことがうれしいです」




卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com