大会報道

世界卓球2013パリ大会5日目③ 混合複準々決勝、4ペアがメダル確定

2013.05.17

<世界卓球選手権大会>

混合ダブルスの準々決勝が行われ、中国、韓国、朝鮮民主主義人民共和国、香港の4つのアジアペアが銅メダル以上を確定した。

 

20130517-01.jpg唯一残った中国ペアにはプレッシャーがかかる

20130517-01.jpg北朝鮮ペアが韓国ペアを破りメダルを確定

20130517-01.jpgチェン・ユック/姜華珺は同士打ち対決で逆転勝ち


王励勤・ラウ静文(中国) 8,6,-10,6,-8,-8,4 バン・フ(トルコ)
李尚洙・朴英淑(韓国) 10,-4,7,6,-9,3 陳建安・黄怡華(台湾)
キム・ヒョクボン/キム・ジョン(朝鮮民主主義人民共和国) 5,9,8,-6,3 趙彦来・梁夏銀(韓国)
チェン・ユック/姜華珺(香港) -9,-10,6,-4,6,10,8 江天一/リ・ホチン(香港)

中国は3回戦で2ペアが敗れ、残るは1ペアのみ。そのプレッシャーからかトルコペアにゲームオールまで追い詰められる展開。最後は王励勤が決めたが、他のペアにも優勝のチャンスはありそうだ。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com