大会報道

世界卓球2013パリ大会5日目⑥ 女子単4回戦、中国勢が優勢

2013.05.17

<世界卓球選手権大会>

女子シングルス4回戦が行われた。残念ながら日本勢は姿を消したこの種目、中国勢が順当に勝ち上がっている。

 

20130517-01.jpgベスト8のうち5人が中国選手


中国勢は同士打ちに敗れた胡麗梅、陳夢を除く丁寧、武楊、李暁霞、朱雨玲、劉詩雯がベスト8入りを果たした。ベスト16にただ一人残ったヨーロッパ系のビレンコ(ウクライナ)が馮天薇(シンガポール)に敗れたことで、ベスト8は全員がアジア系という結果になっている。準々決勝の対戦カードは以下の通り。

丁寧(中国) 対 リ・ミョンスン(朝鮮民主主義人民共和国)
武楊(中国) 対 李暁霞(中国)
馮天薇(シンガポール) 対 朱雨玲(中国)
フ(トルコ) 対 劉詩雯(中国)



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com