大会報道

世界卓球2013パリ大会5日目⑨ 男子単3回戦、松平健太、丹羽が4回戦へ

2013.05.18

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス3回戦、ベスト16決定戦は4台×4ラウンドで行われる。日本のトップバッターは馬琳を倒した昨日の記憶も新しい松平健太、そして、続くのが2回戦敗退の危機を何とかしのいだ丹羽孝希。松平は台湾の江宏傑を、丹羽はスペインのベテラン何志文を破りともに4回戦へ駒を進めた。

 

20130517-01.jpg松平は冷静なプレーで流れをつかんだ

20130517-01.jpg丹羽は表ソフトのスマッシュもカウンターで返した

松平健 -9,8,6,9,-9,4 江宏傑(台湾)
丹羽 2,6,9,-7,-7,7 何志文(スペイン)

松平の相手は馬琳とは全くタイプが違うオーソドックスな右シェーク攻撃型の江宏傑。バック対バックにも強く、前陣でカウンターも仕掛けてくる松平に似たタイプ。第1ゲームは出足の鈍かった松平が落とすが、打球点の早さでは譲らない松平が先手を取って攻めきり、江宏傑を4-2で破った。4回戦ではベスト8をかけてサムソノフ(ベラルーシ)とガシナ(クロアチア)の勝者と対戦。

丹羽はスペインのベテラン何志文と対戦。左ペン表ソフトラバーというやりなれな相手に戸惑うかと思われたが、序盤からアグレッシブに両ハンドで攻め立て、何志文のスマッシュにも対応するなど懐の深さを見せた。丹羽は3ゲームを連取して一気に決めるかと思われたが、何志文はテンポを緩めるなど老獪な戦術で2ゲームを連取。しかし、決定力で上回る丹羽が第6ゲームを11-7とし、4回戦進出を決めた。次の対戦相手は馬龍(中国)とトキッチ(スロベニア)の勝者。

■松平健太インタビュー
調子がよくなくて、苦しい展開でしたが、勝てたことはよかったです。技術的には問題ありませんでしたが、昨日に比べて体のキレがなくて、微調整ができずに凡ミスが出てしまいました。6ゲーム目は気持ちを切り替えて、高い集中力で戦うことができました。(江宏傑とは)ジュニア時代以来、久しぶりの対戦でした。高1までは1回も勝っていなくて、高2と高3のブンデスリーガで2勝0敗だったので、五分五分で、やってみないとわからないという気持ちで臨みました。(第5ゲームは)自分で試合を壊したので、(第6ゲームは)冷静に、ブロックでいいから戦おう、打つのはチャンスボールだけでいいと思って、冷静にできました。(2009年の)横浜以上の成績を目標にしていて、やっとそのチャンスが来たので、明日は勝ってベスト8に入りたいです。地元から関係者が応援に来てくれているので、恩返しをするつもりで最後までがんばります。

■丹羽孝希インタビュー
3ゲームを簡単に取りすぎて、自分のペースすぎて、(そうしたら)いつの間にか2ゲーム取られて焦りました。表ソフトのボールは苦にしませんがサービスがうまかったです。ロングサービスで、コースも変えてきました。もっと振り回されると思っていましたが、フォアハンドを打ったら1本で決まりました。
(次に対戦する馬龍には昨年のオリンピック予選で勝っているが)馬龍は今回はきっと優勝したいと思うので、僕も戦術を考えて戦います。相手のフォアハンドドライブを封じること、それから全部チキータで行くくらいの気持ちでいきます。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com