大会報道

世界卓球2013パリ大会6日目② 、女子単準々決勝、丁寧と李暁霞が準決勝へ

2013.05.18

<世界卓球選手権大会>

女子シングルス準々決勝は2回に分けて行われるタイムテーブル。先に行われたのは丁寧(中国)とリ・ミョンスン(朝鮮民主主義人民共和国)、李暁霞(中国)と武楊(中国)の対戦。どちらも攻撃型とカット主戦型の対戦となったが、攻撃型の丁寧と李暁霞が勝利。ロッテルダム大会決勝、ロンドンオリンピック決勝のカードが今回は準決勝で実現する。

 

20130517-01.jpg丁寧は慎重なプレーでベスト4入り

20130517-01.jpg丁寧、2連覇に1歩近づいた

20130517-01.jpg李暁霞はパワフルなカット打ちで初優勝へ

丁寧(中国) 6,-9,8,4,6 リ・ミョンスン(朝鮮民主主義人民共和国)
李暁霞(中国) 12,4,-6,4,7 武楊(中国)

丁寧は石川を破ったカット主戦型のリ・ミョンスンと対戦。丁寧は慎重なカット打ちとツッツキでリ・ミョンスンを攻略。最後まで気を抜かずに固い表情を崩さなかった。
カット打ちには定評のある李暁霞は武楊の粘り強い守備をワイドに攻めて攻略。同士打ちのためか武楊のプレーにはあまり気迫が感じられなかった。
決勝は丁寧対李暁霞。ロッテルダム大会では丁寧に、ロンドンオリンピックでは李暁霞に軍配が挙がっているこの対決、果たして決勝の舞台に立つのはどちらだろうか。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com