大会報道

世界卓球2013パリ大会6日目④、女子単準々決勝、中国がベスト4独占

2013.05.18

<世界卓球選手権大会>

女子シングルス準々決勝、第3試合と第4試合が行われた。朱雨玲(中国)は馮天薇(シンガポール)をストレートで一蹴。トルコのフは劉詩雯から第1ゲームを奪ったが、地力で勝る劉詩雯が準決勝進出を決めた。

 

20130517-01.jpgラリー戦に強い朱雨玲は初のベスト4入り

20130517-01.jpg劉詩雯は念願の初優勝を目指す

 
朱雨玲(中国) 7,5,6,7 馮天薇(シンガポール)
劉詩雯(中国) -7,5,5,9,5 フ(トルコ)

朱雨玲は得意のラリー戦で馮天薇を退けた。両ハンドの精度、コース取り、ボールの威力で朱雨玲はいずれも馮天薇を上回っていた。
劉詩雯はトルコのフに第1ゲームを奪われたが、第2ゲームからは前陣両ハンドドライブが火を吹き、フを寄せ付けなかった。
これで、丁寧、李暁霞、朱雨玲、劉詩雯の中国勢4選手がベスト4を占めた。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com