大会報道

世界卓球2013パリ大会6日目⑧、男子単4回戦、岸川がボルに敗れる

2013.05.19

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス4回戦、第3・4試合が行われた。岸川対ボル、許昕対フレイタスというアジア・ヨーロッパ対決に会場は大いに盛り上がりを見せた。岸川は力及ばずボルに敗れベスト16。許昕はフレイタスを寄せ付けず第1シードの威厳を見せつけた。

 

20130517-01.jpgヨーロッパの英雄ボルがベスト8入り

20130517-01.jpg岸川はベスト16に終わった

20130517-01.jpg許昕、初優勝なるか

20130517-01.jpgフレイタスは力の差を見せつけられた

 
ボル(ドイツ) 6,7,4,3 岸川(日本)
許昕(中国) 7,5,5,7 フレイタス(ポルトガル)

ボルと岸川はブンデスリーガ、ボルシア・デュッセルドルフ時代のチームメイトで数多くの対戦も経ているが、岸川が勝ったことは1度しかなく分の悪い相手であることは間違いない。立ち上がりから岸川は攻める姿勢を見せるが、攻守の安定したボルに引き離される。大きなラリーになると連戦の疲れもあるのだろう、動きに精彩を欠く岸川は台から離され守勢に。岸川は最後まで流れを打開できずにストレートで敗れた。ボルから11点を取ることの難しさを改めて感じさせられるゲーム内容だった。ボルは準々決勝で馬龍と対戦する。

許昕は力強いフットワークとフォアハンドでフレイタスをはねのけた。張戦ではすさまじいカウンターを見せたフレイタスも許昕のドライブにはブロックが精一杯。そのブロックもオーバーミスすることがしばしば。フレイタスが許昕のフォア側を抜いたかと思うようなボールも許昕は飛びついてカウンター。世界ランキング1位の許昕が初優勝に向けて調子を上げてきている。

■岸川聖也インタビュー
かなり実力差がありました。攻撃してもさらに早い打点で両ハンドカウンターされ、作戦を見つけられず、チャンスを見つけられませんでした。相当の実力者で、こちらがどれだけいいプレーをしても、実力差が点数に出たと思います。
(今大会は)すごくいい大会でした。男子ダブルスでメダルを取れましたし、シングルスでベスト16に勝ち上がるのは相当難しいですが、それができたことは自信になりました。オリンピックに続きいい結果を出すことができて、自信になりました。こんなにいい会場で、素晴らしい応援をしてもらい、卓球人生の中でもそうそうないような、楽しい大会でした。
世界選手権大会はシングルスで勝ちたいと思っていて、隼(水谷)が負けたところから勝ち上がったのは微妙ですが、それでも相手は関係なく、1回戦からどの選手も強い選手です。その中で3回勝ってベスト16に入れたことはよかったです。丹羽も健太(松平)もいいプレーをしていて、健太はまだ残っていますが、日本の男子チームにとってとてもいい大会だと思います。新体制になっていい結果を出すことができ、もっといけると感じていますし、これからが楽しみです。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com