大会報道

世界卓球2013パリ大会6日目10 男子単4回戦、閻安、バウムがベスト8

2013.05.19

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス4回戦、第7・8試合は閻安対荘智淵のアジア対決とオフチャロフ対バウムのドイツ対決となった。アジア対決を制したのは中国の閻安。ドイツ対決を制したのはバウムとなった。

 

20130517-01.jpg閻安は強烈なフォアハンドドライブ

20130517-01.jpgラリーに強い荘智淵だが閻安のボールを止められず

20130517-01.jpgドイツ対決はバウムに軍配

バウム(ドイツ) 9,-9,10,9,2 オフチャロフ(ドイツ)
閻安(中国) 6,6,7,6 荘智淵(台湾)

世界ランキングでは勝るオフチャロフだが、この試合では精彩を欠いた。探り合いのような形で始まった試合は、サウスポーのバウムが
オフチャロフのフォア側を効果的に攻めて優勢に立った。オフチャロフは同士打ちのためかサービスからの展開でもなかなか得点にできずに最後まで流れをつかむことができなかった。バウムは準々決勝で張継科と対戦。

閻安は爆発力のあるフォアハンドドライブで荘智淵を撃破した。ラリーには強い荘智淵だが、閻安の強烈なドライブにノータッチで抜かれることもしばしば。閻安は先に荘智淵のフォア側をついて大きなラリーに持ち込んで、ストレート勝ちを収めた。閻安は準々決勝で王皓と対戦。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com