大会報道

世界卓球2013パリ大会7日目① 男子単準々決勝、王皓が同士打ちを制する

2013.05.19

<世界卓球選手権大会>

大会7日目、本日からセンターコートのみとなった。会場の視線は1台の卓球台に注がれ、観客の声援もひとつになる。最初に行われたのは男子シングルス準々決勝。第1試合は王皓対閻安の中国対決。ハイレベルな同士打ちを制して準決勝に勝ち上がったのは王皓となった。

 

20130517-01.jpg王皓は威力のある両ハンド

20130517-01.jpg閻安は王皓に手を封じられた

20130517-01.jpg王皓、安堵の表情で声援に応える

王皓(中国) -8,9,6,-12,8,2 閻安(中国)

お互いに相手の出方を探るような立ち上がりでなかなかラリーにならないが、6-6から王皓がミスを重ねて閻安が第1ゲームを先取。
第2ゲームも6-2と閻安がリードするが、王皓がサービスからの展開で得点を重ね逆転し1-1に。
第3ゲームも流れは王皓。王皓の回転量の多い両ハンドドライブに閻安はブロックミス、カウンターミスを誘われて王皓が連取。
第4ゲームは閻安がロングサービスを使うなどして大きな展開に持ち込んでリードするが、ラリーでも強打が一発で決まらずに7-7と追いつかれる。ここで激しいフォアハンドの打ち合いになるが、このポイントを閻安が奪うと、勢いづいた閻安が10-7と引き離す。王皓が閻安にフォアハンドを振らせずに粘りを見せて10-9と詰め寄ったところでこのゲームを落とせない閻安がタイムアウト。王皓が目の覚めるようなバックハンドの3球目攻撃を決めて10-10に持ち込むと、お互いに一歩も譲らない点の取り合い。このジュースを14-12で閻安が取り、2-2と互角の勝負。
第5ゲームは両ハンドで猛攻を仕掛ける閻安が7-3とリード。ここから閻安のレシーブが消極的になるなどして7-7。8-8から王皓がサービスでしっかり点を取って10-8とし、要の第5ゲームは王皓が押さえ3-2。
第6ゲームは王皓がリード、閻安のバック側を厳しく攻めて7-1と大きく引き離す。閻安は王皓の勢いを止められずに11-2で王皓。同士打ちを制して王皓が2度目の王座を目指す。準決勝で松平と許昕の勝者と対戦する。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com