大会報道

世界卓球2013パリ大会7日目④ 男子単準々決勝、張継科が準決勝へ。中国がベスト4を独占

2013.05.19

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス準々決勝第4試合、ここまで、王皓、馬龍、許昕の3人が準決勝進出を決めている。4人目に入ったのは張継科。ヨーロッパ勢で最後に残ったバウムを一蹴し2連覇に向けてまた一段階段を上った。

 

20130517-01.jpg張継科は調子を上げてきた

20130517-01.jpg

バウムはベスト8入りの大健闘


張継科(中国) -9,6,10,2,3 バウム(ドイツ)

大きなラリーでワイドに攻めるバウムが張継科と互角の戦いを見せる。サウスポーならではのシュートドライブで張継科のフォア側をノータッチで抜くナイスボールも。
第2ゲームは徐々にエンジンがかかってきた張継科が11-6と取り返す。
第3ゲームはバウムが9-7とリードするが、リードを生かせず逆転負け。
こうなると完全に張継科ペース。第4ゲームはバウムは1-7と引き離され苦しい展開。11-2で張継科。このまま一気にきまってしまうのか。
第4ゲームも張継科の一方的な展開。ラリー戦での決定力には段違いの差がある。11-3で張継科がヨーロッパ最後の希望を消し去った。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com